<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018... >>

ブラックニッカ日々 2018-06-03

朝9時頃起きて昨夜、シメの博多天神でハナイさんと「明日で中野ブロードウェイの鴨川つばめ展が最後らしいんですがいきませんか?」「へー行くよ」と話していたのを思い出し、かなり混んでいて整理券配布制だと聞いていたので調べてみたら昨日は昼ぐらいに配布が終了してしまったぐらいの感じみたいで、整理券は10時から配るというのでハナイさんと「どうしますか?」「俺はすぐいけるよ」「じゃあ10時目指しましょう」と話してもういきなり準備して出ることにした。

結局自分は10時15分に中野駅に着いて、先に着いていたハナイさんとブロードウェイ1階で合流。
この時点で整理券はもう15時10分の回だった。
「どうしましょうね」「まだ立ち飲み開いてないしなー公園でもいく?」と、セントラルパーク方面へ歩くことにする。
途中、中野区長選挙の事情などを聞きながら歩いているとちょうど候補者の人が選挙カーで通り過ぎていったり、
今から行こうとしているセントラルパークや駅前の開発とか、そういうものも区長が決めていく部分が大きいわけで、
そうやって町にとっては大きいことだよなー、東京にいるとき自分が住んでる区の区長のことなんか考えてなかったな、と思う。

で、「中野区立体育館」の前を通りがかり、そこからバレーボールのユニフォームを着た人が出てきて、ふとみたら「中野区民バレーボール大会」という看板が出ている。二人で顔を見合わせ「……行ってみます?」ということに。

階段を登っていくと2階席から試合を観戦できる。いわゆる「ママさんバレー」という感じで、40~50代ぐらいと思われる女性たちが戦っている。体育館内に2コートあって、2試合が並行して行われている。観客席の人はまばらで、おそらく女性たちの友達やお子さんなんかが見ているだけ。そこに俺たち。

コート内に1チーム9人の選手がいるというルールみたいで、テレビでみるバレーボールよりもだいぶ多い。
でも近くで見ているとかなり本格的で、監督もいるし、途中に休憩が挟まると、補欠の人なのか、サポート役の人なのかが選手たちをうちわで仰いであげたり、得点できると選手たちが「せーのっ!オー!」みたいな掛け声をかけあったり(この掛け声がチームごとに違って個性豊か)、アタックの音なんかズドォォン!と迫力がある。「昭輪」というチームと「RED's」というチームが試合をしていて、一見「昭輪」の面々の方がスラッとしてアスリート然としていて強そうなのだがチーム名通り赤いユニフォームに身を包んだ「RED's」の方が一枚上手で、じわじわ点差が開いていく。

たまに高く上がったボールが俺とハナイさんがいる方に飛んできて、選手たちの視線がこっちに向き「あいつら誰?」と思われないかヒヤヒヤした。

ほぼほぼ無言でじっと観戦しながらたまにチミドロのアルバムについて話す。「そうそう、それで、それは並行して進めながら事前にやっておかないといけないっすよね。わっ!すごい。よく拾えるな今のボール」みたいにプレーに話が中断されつつ。

「RED's」の勝利に終わる。ママさんバレーの世界、あの監督とか、チームの運営とか、どうなっているのか知りたい。
「行きましょうか」と席を立ち、階下へ降りると、今そこで試合をしていた「昭輪」の選手たちが監督を囲んで反省会をしていて、有名人を間近で見たようにドキドキした。

改めて体育館の看板を見たら「ラージ卓球大会」「合気道演武」などが今日あるようで、来週には「家庭婦人シニアバレーボール大会」もある。全部見たくなってくる。

セントラルパークへ向かい、コンビニでハナイさんはチューハイ。
自分は二日酔いが相変わらずひどすぎて酒を飲める状態ではなく、グリーンスムージーを飲む。
公園のベンチで十和田現代美術館の話、最近みた映画の話。

ハナイさんは昼過ぎから住んでる部屋の工事に立ち会わないといけないというのでそこで帰ることに。
もしかしたら鴨川つばめ展の整理券の時間に行けるかもしれないし、工事が長引いたら行けない。
もし行けなかったとしたらハナイさんの今日の前半は縁もゆかりもないママさんバレーを見ただけとなる。そう想像すると笑える。

一人になり、ウロウロして、何かお腹に入れたいような、でも脂っこいラーメンなんか無理!それでも蕎麦よりはラーメンが食べたい。というような状態になる。「海神」という、新宿にもあって美味しいと言われていた気がするラーメン屋さんが目の前にあり、淡麗な塩ラーメンがメインの店で、これなら食べられそうだと入店。店に入るとラーメン屋というより魚屋さんのにおい。魚介をふんだんに使ったダシみたいで、出て来たラーメンを食べたら海の味がした。まさに今ちょうどいいラーメンであった。

もう一度ブロードウェイへ行き、タコシェを覗いたらスチャダラパーの「余談」の新しいのが売られていて、みうらじゅん、つげ忠男などのインタビューが載っていて面白そうなので買う。panpanyaの新作も買う。

中古レコード屋さんやディスクユニオンをのぞく。whatmanさんがインタビューでおすすめしていた鈴木勲の「自画像」売ってないかなと思うが売ってない。森園勝敏「4:17pm」というアルバムのレコードが1180円ぐらいで売っていて、絶対良いアルバムなのだがやめた。やめてよかったんだろうか。

中野サンプラザに行き、ベンチに座って「余談」を読む。
眠くなったらそのまま眠り、トイレに行きたくなればキレイなトイレが使える。最高のスポット。
そこで2時間近く過ごす。
ハナイさんから「いけます」と連絡あり。またブロードウェイの前で待ち合わせて、zingaroというスペースで開催されている展示をみる。「マカロニほうれん荘」の原画やカラーイラストが展示されている。小さなギャラリースペースなので20人も入ったらギュウギュウな感じ。サッサッサッと見ていく。事前に誰かがそう言っているのを目にしていたのだが、原画にホワイトを入れて修正しているような箇所が全然なくて仕上がりが異常に綺麗だという、その通りだった。
イラストのついたマグネットを1個買って出る。出た後でハナイさんに「マカロニほうれん荘、好きだったんですか?」と聞いてみたら「いや、実は読んだことない」と言う。自分も読んだことない。鴨川つばめがすごい人らしいと聞いたことがあるだけである。「読みましょう今度」と話す。

この前までシカクで展示をしてくれていた北村みなみさんの個展が阿佐ヶ谷のVOIDで昨日から行われているというので行ってみることにする。中野駅から中央線。天気いい中を歩いてVOIDに着くと小田島さんが店番をしている。北村みなみさんもいて、初めましてと挨拶。「うちはお酒もありますよ」と小田島さんが言う。レジのところに椅子を出してもらって座り、ハナイさんがホッピー、自分はレモンサワー。北村さんもお酒が好きだそうで乾杯する。シカクで展示できてすごく楽しかったとのことで嬉しい。

来る途中、ハナイさんと最近聴いているアンビエントの話をずっとしていて、その流れで小田島さんにもアンビエント話をしたところ「僕はもう10年ぐらいずっとアンビエントですよ。何が好き?」みたいな感じで色々話せた。小田島さんが好きなイーノのアルバムが「DiscreeteMusic」だとのことで、自分が一番よく聴いたやつだったのでなんか嬉しかった。

ハナイさんはホッピーの中を2回おかわり。1時間ぐらい普通に飲んでだべって楽しい時間。

そこを出て商店街をのんびり歩き、「酒ノみつや」の角打ちスペースで一杯。
テレビではNHKのドキュメント「大海原」が流れていて、目の前の公園で子どもたちが遊んでいてこれもまたアンビエントであった。

瓶ビールの大瓶を飲んで豆腐をつまんでいるおじさんの横に別のおじさんがきて自然に「奴ですか?」と言って、その「奴ですか?」のおじさんのタバコをみたおじさんが「それ、チェゲバラですか?」と話して、そこから「キューバもねえ色々大変でしたね」「ええ」「世の中色々変わりましたね、よくなったんでしょうかね。私はどうも悪くなったような、いや、いい面もあるんでしょうが。そんなことないですかね?」「いやあ………そう思いますよ……本当にね」って感じで会話している。

ハナイさんと店を出て「いやあ、なんかいい一日ですねー」と話しながら駅へ。今日はアンビエントがテーマで、今度は高円寺へ行き、ロスアプソンでなんかいいCDないか探すことに。結局買い物はしなかったけど、よさそうなCDの名前を記憶した。

駅に向かって歩いているとSASの千早さんにバッタリ。「SASもまたやりたいんですけどねー!でもVtuberのみそしたさんにすべてやられちゃってるなと思って」というその”Vtuberのみそしたさん”をメモ。

ハナイさんがふと「ジュンヤでも連絡してみます?」と言い、「おお。そうっすね」となる。
ジュンヤさんは電話に出ず、次に筆頭さんに電話したら筆頭さんはすぐ来れる、「ジュンヤさんはおそらく大将で飲んでると思う」という情報を得た。大将の外席をのぞいてみると果たしてジュンヤさんが飲んでいた。一緒にやってる「uIIIn(ウイーン)」のはっとりあつし、やまのいゆずる、二宮友和さんも一緒である。

挨拶して筆頭さんとハナイさんと三人で駅前のロータリーで飲んでいるとそのウイーンの面々もやってくる。時を同じくして、駅前にいる人に片っ端から声をかけてはすげなくされているちょっと怪しげな風体の男性(ジョンと名乗る)がこっちに近づいてきて、「なんか面倒くさそうだな」と思っていると、はっとりあつしさんが「一緒に飲もうよ!」とその人に声をかけ、チューハイを差し出して分けあい、同じタバコを回し吸いし、横では二宮さんが普通に「仕事なにしてんの?」「そうなの」「大変だよね」みたいに話していて、ふといなくなったと思ったらコンビニで山ほど酒を買ってきてその場にいる我々にふるまい、なんなんだこの人たちと思った。その横でやまのいさんは田原俊彦のモノマネをずっとしていて、ジュンヤさんが一番まともな状態。

20時半頃、みんなと別れて高円寺駅に向かい、そこから浜町駅へ。
「インターネットができなくなった」とのことで実家にパソコンを見に行く。
お腹が減ったので母にラーメンを作ってもらう。
実家で食べる「実家系ラーメン」を研究したいと思っているのだ。

母が「今日は音が大きすぎる」と言っていて何のことかと思ったら、
レコードコンビニで何かイベントをやっているらしいのだ。
確かにたまにズンドコ聞こえる。
「これは苦情が出ちゃうよ」というので、下に降りて見に行ってみると、レコードコンビニは閉まっていて、その手前のバーのDJブースで音楽がかかっていて、人が踊っているのが見える。実家のマンションの隣である。こんなところにこんな店ができていたとは知らなかった。部屋に戻ってしばらくすると静かになった。

インターネットの不調はモデムを取り換えないとだめそうだとわかる。
寝ていた父が起きてくる。久々に会ったが歳を取った気がする。
人間、寝起きは年取って見えるものだが。

23時半ごろ実家を出て部屋へ戻る。
アンビエント聴きながら寝る。

[PR]
by chi-midoro | 2018-06-04 09:18 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018... >>