<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>

ブラックニッカ日々 2018-06-11

今日も昨日に引き続き、玉置さんとホルモンうどんを食べる朝である。
10時に新今宮駅待ち合わせ。

しかし食欲はそんなにない。
というか、ホルモンうどんが食べたくならない。

それでも玉置さんは朝早くに家を出てもう「きらく」で食べてきたそうである。偉い。
残念ながら今日行くはずだった「権兵衛」は休んでいたとのことで、
もう一軒行こうと決めていた「丸徳」というお店が開く11時を待つ。

ダラダラと二人で新世界を散歩して、どこの店にも入らずにウロウロしているその間、
ポツリポツリとライターの仕事の話や近況についてなど話せてよかった。
玉置さんとはみんなでいる時はなんか全然しゃべれなくて、二人で散歩している時が一番真面目にしゃべれる。

11時になってもなかなか開かない店の前を行ったり来たりして、ようやく開いたところに入る。
沖縄料理も出している店でジーマミー豆腐というのをもらいながらチューハイを飲む。
泡盛もあるのでそれをもらったらロックでかなりたっぷりで、
それを飲んだらだいぶ酔っ払ってきて、「仕事が全然ないっすわ」とか玉置さんに相談したりした。
そしてそういう時は落ち着いて相談に乗ってくれる男なのである。

ようやく頼んだ肝心のホルモンうどんは、二人とも「この感じの味もうしばらくいいや!」っていう満足状態なので、
ちびりちびり、少しずつわけあって食べ、12時過ぎに店を出る。

新今宮駅から電車に乗り、直接新大阪駅に向かって関東へ帰ろうかなという玉置さんと別れ、
西九条で下車してシカクへ。

今日はあぞさんもいて出荷の作業を手伝ってくれる。
自分は新商品の登録作業の係なのだが、とにかくさっきのお酒のせいで死ぬほど眠い。
もう外に出てアスファルトに大の字になって眠りたくて泣きそうなほどである。
無意味に立ち上がったり、お菓子買ってきて食べたり、たまにウトウトしたりしてなんとか過ごす。

仕事を終えて今日の給料をもらい、シカクに取り置いてもらっていた本を買う。
『秘島図鑑』っていう本や『東京ヤミ市酒場』という本やスケラッコさんの新刊など。
そしたら今日の給料では全然足りなくて、手持ちのお金を足しても足りず、
半分ぐらいはまた今度買うことにした。
なんかカイジの世界みたいだ。

みゆきさんが食べに行くという千鳥橋駅前の「松のや」へ一緒に行く。
とんかつが安くて旨いという。牛丼の松屋系列で、調べてみたら大阪にも東京にもたくさんあったが、自分はこれまで入ったことがなかった。
500円ちょっとで食べられる。ごはんとみそ汁おかわり自由。
キャベツもたっぷり入っていて美味しかった。

なんだかずっと眠気なのか疲れなのかがとれず、
帰宅後すぐに眠る。
メテオさんが森田童子が亡くなったと知らせてくれる。
好きだったな森田童子。

[PR]
by chi-midoro | 2018-06-14 00:31 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>