<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>

ブラックニッカ日々 2018-07-04

午前中に起き、10時半頃家を出る。
大阪駅で改札を一度出て金券ショップへ向かい、三ノ宮行きの昼特きっぷを往復で買ってもう一度改札内へ。
三ノ宮駅で降り、小雨のパラつく中を取材先のスヌーピーホテルへ。

テレビから新聞から雑誌から様々なメディア向けの内覧会で、
ホテル内にはイケイケ業界人風の人たちが大勢いて辟易する。
とにかくサッと写真だけ撮って外に出る。
可愛い部屋がたくさんあった。
トミータが確かスヌーピー好きだった。「可愛いホテルだからぜひ来たらいいよ」とLINEしかけて、
トミータが好きだったのはムーミンだったと気づく。
でもせっかく途中まで書いたのでそのまま送る。

三ノ宮駅から元町駅まで歩き「うみねこ古書店」という本屋で、
一冊だけ残っていた芝田真督「神戸立ち呑み巡礼」という冊子を買う。
平民金子さんのツイートで知った冊子で、芝田さんの本は何冊も持っているので、買えて嬉しい。

昼ご飯は淡水軒だ!と思って歩いていったら今日は休みで、
先日みゆきさんといった「香味園」で「カレーそば」食べようかと思って入店し、
気が変わってもう一つの名物だという「五目焼きそば」を食べる。
相席になった前の人もそれ。かなり多くの人がそれを食べてる。
運ばれてきたのは皿うどんに近い料理。
麺はカリカリこそしてないが、皿うどんの麺のように細い。
そこに野菜たっぷりあんかけがかかっている。

前もそうだったけどこの店は、嫁と姑が痴話げんかをしていて、
それが憎み合っている感じでもなく、本人たちは当たり前のコミュニケーションなんだろうけど、
端で聞くとケンカ、という感じ。
しかし不快ではなくむしろほほえましい。
世の中にはそういうケンカもある。
それを肯定したいわけじゃないけど、とにかく、あっていいケンカと不幸なケンカがあり、境目は曖昧。
暴力やエロも、必要なものと過剰なもの、誰かを傷つけるものがあって、
全部なくせ!というのは無理な話なのかもしれない。
そんなことを思いつつ食べる。
でもそれって、セクハラについて「このぐらいは許してもいいんじゃないの?」っていうキツイ言い訳にもつながるから注意しないといけない。そういうことじゃないんだけど、うまくまだ言えない。

店を出ると結構雨が強くなっていたので、モトコーに避難し高架下を通って駅まで行く。
そのまま大阪駅まで戻り帰宅。

夜はボーイズにミートソーススパゲティ。
自分は豆腐とシイタケ、白菜の芯が50円で売ってたやつなどを煮てポン酢で。
水を使わず、だいぶ古くしてしまった日本酒をドボドボ鍋に注いで煮る。
湧き上がる酒の香りでぼーっとしてきた。
酒で煮たシイタケが驚くほど旨かった。

一度寝て起きて仕事。

[PR]
by chi-midoro | 2018-07-07 03:17 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>