<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>

ブラックニッカ日々 2018-07-06

「なんか速報やって」とボーイズに起こされてテレビを見てみると、
オウムの松本智津夫の死刑が執行されたというので飛び起きる。
しかも松本智津夫含む7人の死刑執行手続きが完了しており、
これから順次執行されるという。
え!と思ってテレビを見ているうちに次は早川、次は井上、みたいな感じで続々名前が読み上げられていって不思議な感じがした。
今年の3月からオウム関連の死刑囚が全国各地の拘置所にバラバラに移送されていて、執行は近いとされていたそうだ。
大阪拘置所でも新実智光、井上嘉浩の二人が今朝死刑執行されたという。
大阪拘置所はうちから自転車で5分ほどの場所で、そこに収監されている人たちのことは、雷が鳴ると思い浮かべる。
同じ雷鳴を聞いているかもしれない、と思うと不思議なのだ
(防音がすごかったりしたら聞こえないか)。
昨夜からの豪雨の雨音も二人は聞いて眠っただろうか、どこまでも不思議だ。

NHKには江川紹子が出てきて、久々にその姿を見た。
かつての印象のまま、淡々と、「執行が近いとは思っていました。ただ、このように一気に複数とは思いませんでした」というようなことを言っていた。
「私は松本智津夫と弟子たちの執行は切り離した方がいいと訴えてきました」「教祖と一緒に弟子が死んだということが神格化される恐れがあると思ったからです」というようなことを落ち着いて語っていた。
また、「特に驚いたのは井上嘉浩死刑囚の執行です。彼は確か一回目の再審請求中で、一回目の再審請求中に死刑が執行されるのは前例がないかと思います」とも言っていた。

なんだか動揺してきて、チミドロLINEに早速その話題を切り出し、他にも、関心をもってそうな人に連絡する。
「安倍総理の決断力アピールの一環だったんじゃないの!」とカエさんに言ってみたら、
「執行は法務大臣に一任されてるからそんなことないんじゃないの」と言われた。
が、ウィキペディアでどの政権時に死刑が何人に対して執行されたかまとまっているのを見たら
安倍政権時代が妙に多くて、なんか関連していそうな気がしてくるのだった。
しかも今回は「執行手続きが完了してこれから執行されます」みたいなリアルタイムの報道になっていて、
今から人が死ぬ!と、不気味な気持ちになるのだった。

今日はシカク出勤日なので12時頃に家を出て桜ノ宮駅から電車に乗る。
大雨で30分間隔での運転になっているらしかったが、案外すぐ電車がきた。

白馬童子の「シンプルラーメン」を食べる。
この店には「しあわせラーメン」というメニュー名のラーメンがあり、
店員さんが別の店員さんに「〇番のお客様、しあわせです!」と伝達していた。
おそらく日本人の店員さんがおそらく中国か韓国の店員さんに対して
「バリカタのさらに上に粉落としっていうのがあってね、麺についている粉をお湯で落としただけで出すんだよ。それが一番の硬めなんだよ」みたいなことを丁寧に解説していて、聞いている店員さんが「へえー!そうですか!」っていう感じで、上下関係があまりないようなやり取りをしていていいなと思った。
ツイッターでは松本智津夫の子どものツイッターアカウントに対して「死刑執行おめでとう!」みたいなリプライをしている人が何人かいると、こまんたれ部さんが教えてくれた。
ツイッターには本当にしょうもないことをする人がたくさんいて、反面、町を歩いたり、ラーメン屋に入ったりしている分には、しょうもない人に出会うことがあまりない。
ネット上ではうんざりするような差別が溢れているけど、町でそれを目にすることはほぼない。
この違いはなんなんだろう。
町を歩いている人も、話をよく聞いたら差別的だったりするんだろうか。
ネットだから愚かな心情が明るみにでるんだろうか。
わからなくなってくる。

雨足が強く、シカクへ向かって歩くだけで靴がびしょびしょになった。

途中、明日の取材先から電話があり、「よっぽどどうしてもっていう方をのぞいては中止にしてもらっている」という。
「とにかく明日まで様子を見てみましょう」と言われる。

シカクではTシャツにシルクスクリーンでプリントしたり、新商品の入庫作業をしたり。
今日やる予定だった「スタンドシカク」は雨で中止になった。
あぞさんが来て少し話す。

終業後、みゆきさんと春日出の方まで歩いて「こばやし」という角打ちで軽く飲む。
良い店だった。

家に帰ってカップ麺食べる。
雨、止んでくれ。

[PR]
by chi-midoro | 2018-07-07 03:58 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>