<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>

ブラックニッカ日々 2018-08-06

朝起きる。
10時から梅田のKIDDY LANDで取材があり、
それに合わせて家を出る。
取材は30分弱でササッと終わり、まずは阪神デパートのスナックパークへ。

昨日あの後、大阪の昔ながらのラーメンについてしぶとく調べていて、
そうか、それがあるとすれば「カドヤ食堂」か、と思った。
調べてみると「カドヤ食堂」は1957年に大衆食堂として開店して、
醤油ラーメンが評判でその後にラーメン専門店になったという歴史があって、
それで「大阪を代表する醤油ラーメン」みたいに今も言われている。

その「カドヤ食堂」に自分は一度も行ったことがないのだが、
その店がリニューアルしたスナックパークに出店しているのだ。
一杯500円。玉子入りで600円。値段もいい。

量はそんなに多くないけど、チャーシューも厚みがあって美味しくて、
麺はスナックパーク店用に特別に作っているそうで、ゆで時間が短くて済むようにかなり細麺にしてあるっぽい。
ポツッと歯切れがよくてうまい。あっという間に食べ終わる。
目の前ではおじさんがオムライスを食べている。スナックパーク、他にも酒も飲める魚料理の店があったり、なんかここでつまみを調達して飲むのも楽しいかもなと思った。

昔、南君とここに来てイカ焼きを食べたのが懐かしい。

お腹が満たされ、時刻は11時半。
シカク出勤が13時からで、中途半端に時間があるが、家に帰るほどでもない感じで、考えた末、環状線でグルグル回りながら寝るという選択肢が思い浮かんだ。

大阪駅で環状線を待ってみると、案外来ない。来る電車来る電車、大和路快速とか関空行きとか、とにかく遠方へ行くものばかりで純粋にループする電車って結構少ないんだなと知る。
15分ぐらい待ってようやく来た電車に乗り、涼しい中で1周半ぐらい眠る。
12時15分に西九条で下車し、本屋で少し立ち読みしてシカクへ。

今日も新商品の登録作業がメイン。
疲れたーと思いつつ頑張っていると19時になる。

閉店少し前に「この地獄を生きるのだ」の小林エリコさんが来店。
今日明日あさってとみゆきさんと関西で遊ぶ予定で来たのだという。

みゆきさんに誘ってもらい、近くのお好み焼き屋「くにちゃん」で食事することに。
初めて入る「くにちゃん」たまに並んでたりする店。なるほど旨し。

名前は知っていたけど初めてしゃべる小林エリコさんは時にハイテンションに時に過剰に自虐的になりつつ、
元気にしゃべり続ける。
自分に結婚して子供がいるという話になって、「こんなリア充なやつをなんで誘ったのみゆき」と言い出したが、
「いやいや、そんなことないし、全然リア充という感じじゃないですよ。金もないし」と言うと、
「じゃあ働けよ!もっと売り込めよ!そんなんだからいつまでもパリッコさんの添え物なんだよ!」となり、
隣のみゆきさんも「そうなんですよ!なおさんはもっときちんと自分を売り込んでいかないと!」と言い、
自分が怒られる会にいきなりなって笑えた。
「パリッコさんにあやかってナオッコにした方がいい」と言い、以降、ナオッコと呼ばれる。

「もういいよ、早くみゆき二人で飲み直そうよ!」と言いつつ、結構長く飲んで、22時半頃解散。
面白い人であった。

帰宅し、冷たいシャワーを浴び、
今朝取材してきた先の原稿を頑張って書く。


[PR]
by chi-midoro | 2018-08-08 13:00 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>