<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>

ブラックニッカ日々 2018-12-4

下のボーイも具合悪くなり、家が病室のように。
昼に髪を切る予約をしていて、その時だけ外に出てあとは家で世話。
昼はうどん。夜は湯豆腐。

ムンク展後に古本の通販で探して買った小さい画集と、「ムンクへの旅」というムンクの暮らした場所やアトリエとかを写した写真がたくさん載った本が一気に届く。

自分が好きだった「星空の下で」っていう絵はどちらの本にも載ってなかったけど、この前の展示になかった絵もあって、もっと分厚い画集も欲しくなる。ムンクは風景や人をめっちゃ抽象的に描いていることも多くて、表情が点や丸で描かれてたり、風景もいきなり単純化されてたりするけど、それは自分が得た印象に忠実に掻いていて、抽象的というよりむしろ自分イメージを写実的に描いたのかもしれない。あとそうだ、「別離」という、恋人が男のもとを去っていくような場面が描かれた絵があって、あそこからつげ義春が「別離」っていうマンガのタイトルを取ったんじゃないかという気がした。違うかもしれないけど。

伊藤重夫の「ダイヤモンド・因数猫分解」を有志の人がクラウドファウンディングで復刊したやつが届く。巻末に出資者として自分の名前も載っていて嬉しい。パラパラとめくり、いい絵だなと思って、とりあえず今は読む気にならなくて閉じる。

[PR]
by chi-midoro | 2018-12-05 12:22 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2018-... ブラックニッカ日々 2018-... >>