人気ブログランキング |
<< ブラックニッカ日々 2019-... ブラックニッカ日々 2019-... >>

ブラックニッカ日々 2019-01-05

神保町のジャニスに行く夢。
もう閉店したはずのジャニスだが、行ってみるとまだやっていて、店長らしき人が「こういうこともやっていかないといけないです」と弁当を作って売っていることを教えてくれる。中国の方が働いていて、中華系の弁当が安いようだ。
自分は唐揚げと麻婆豆腐の入った弁当をオーダー。
CD棚が並ぶ中央に厨房があり、そこで女性スタッフが調理してくれるが、最後盛り付けようとしたところで、麻婆豆腐が地面に落ちてしまった。女性スタッフは床に落ちたものをおたまですくって弁当に詰めようとする(悪いとは思って上の方だけすくいとろうとしている)自分はそれを見てしまっていて、あれを食べるの嫌だなーと憂鬱になってくる。

なんで連日、食べ物が床に落っこちる夢ばかり見るのだろうか。

上の妹から、今日休みだからどこか行くかと連絡がくる。
昨日、戸籍抄本をもらいにいった役所に築地の明石タイムドームっていう小さなプラネタリウムのチラシがあって、
そこではどうかと提案してみたら、果たしてそこに行くことになった。
混んでいるかなと思ったけどそんなこともなく、13時からの、ドラえもんが太陽系のことを解説するみたいなプログラムを見る。
30席ぐらいのこじんまりとしたプラネタリウムで、小学校の時に来たよねと妹が言う。覚えてない。

のび太が冬休みの宿題で宇宙のことを調べなきゃいけなくて、
ドラえもんの力を借りて、「流れ星ってなんで見えるんだろう」と、それは隕石のかけらが地球の大気圏に突入して燃え落ちるからで、だから月の上では流れ星は見えないのだ、というようなことが説明される。天井に流れ星がいくつも流れると妹の子どもが「ばーばのガンが治りますように」とお祈りしている声が聞こえた。

のび太たちがどこでもドアで太陽系の色々な星に行くのだが、遠い星から地球を眺めて、
ジャイアンが「うそだろ!あれが俺たちのいる地球!あんなにちいせーのかよ!」と驚くところがあって、
天井いっぱいに星が輝く中で、本当にそれがほんの小さな点で、その小ささを見ていたら涙がこぼれて止まらなくなった。
見てると泣きそうになるのでそのままもう寝ることにして、30分ちょっとでプログラム終了。
入場料は300円と安くて、なんで今までこなかったんだろうと思う。
そこを出て築地本願寺にでも行ってみようと歩いていたら、途中に「あかつき公園」という小さな公園が見えて、
タイヤがたくさん積み上げてあるのが見え、あれ、ちょっと面白そうだなと思って近づいてみたら、
廃タイヤを使った遊具や、山のような形の滑り台がある、子どもにとっては最高に遊べる公園で、
ボーイズや妹の子たちが延々はしゃぎまわっていた。

1時間ぐらい遊んで本願寺へ。
焼香してお祈りするのが本願寺のスタイルなのか、お香のいい香りが漂っていた。
参拝の記念に、と、本願寺の今年の一字だという「光」という字を書いたしおりを配っていた。
なるほど「光」。
光って新しい元号になりそうな気がする。Kから始まるので他ともかぶらないし。
「光正」とか。なんか。

築地の市場も見てみるかと歩く。
マグロの刺身の安いパックとか売ってないかと思ったけど、そういうのは見当たらず、妹が玉子焼きを買う。
すしざんまいの前に人だかりができていて、テレビ局のカメラが何台も来ている。
店の中に社長がいるのが見えた。

どうやら、社長が3億何千万円かでマグロを競り落としたというのがニュースになったそうで、それを食べにきた人が列を作っていたらしかった。

築地駅から日比谷線で人形町駅へ戻り、父の事務所で今日もダラダラと飲み会。
タイミングを逃して朝から何も食べておらず、母の肉じゃがをガブガブ食べる。

夜には下の妹夫婦もきて、また割と遅くまで飲み食いした。

by chi-midoro | 2019-01-07 18:00 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2019-... ブラックニッカ日々 2019-... >>