<< ブラックニッカ日々 2019-... ブラックニッカ日々 2019-... >>

ブラックニッカ日々 2019-01-08

パスポートの申請をすべく、パスポートセンターのある谷四へ向かう。
都島駅まで歩いている途中、メテオさんが教えてくれた大阪のラーメン新店情報の中にあった都島の「米白湯スープ」のラーメンを出す店っていうのがこの辺にあるはずだと思ったら、まさにテレビカメラが来てロケをしているところだった。
どんな味だろう。

谷四の駅構内にずらっと並んだ証明写真の機械で写真を撮る。
撮り直しボタンとOKボタンを間違えて押し、とりわけ情けない顔の写真ができた。
それをもってパスポートセンターへ。
こんなにたくさんの人がパスポートを求めているの?と驚くほど大勢待っている。
でも受付のスタッフもすごくたくさんいるのですぐ順番が来る。
愛想のいいスタッフの方ばかりだった。高圧的かと思ってビビッていたのでホッとした。
なんせ前に作ったパスポートを部屋の中でなくしたので、怒られるかと思ったのだ。
そしたら隣の人も自分の後の人も前のパスポートはなくしましたーと平然と言っていて、あ、いいんだね、と思えた。
で、パスポートを作るのに1万1千円もかかると知ってびっくりして、しかもそれは5年バージョン。10年間のものだと1万6千円だという。
封筒に残していた、今度旅行に行く時にとっておいた金を使うしかなく、封筒ごと持ってきていたのだが、なんと今日は必要なく、1週間後に受け取る時に払うんだという。
急にお金を使わなくてよくなった!と思って、センターを出て近くのラーメン屋へ。
「Ramen 辻」というお店。泡だて器で表面に細かい気泡を作るみたいな先進的なラーメン。
旨い。白いスープの下からつくねだのなんだの色々出てきて驚く。
そんなに量はないはずなのに旨みの度がすごくて、ヘロヘロになって外へ。
そのまま帰路につく。

大阪に帰ってきたら、現実だ。
年末に終わらせるはずだったのに残っている仕事。
そういう態度でいつも伸ばし伸ばしになっているために全然入ってこない原稿料。
何度もオンライン残高照会をして、ずっと変わらない数字を見る。
っていうかこんな時に旨いラーメン食べてる場合じゃなかった。
バイトした方がいいのは間違いない。
でもついつい、死んだ方が早いんじゃねえかと思ってしまう。
バイトして稼いだ金でご飯食べてゼロ円になり、またバイト。
それで特に楽しいこともなく、心がしめつけられるように悲しいことをたくさん経験させられるだけ。
周りの人が健康を害したら「早く元気になってくれ!」と思うが、自分は全然どうでもいいというか、
いや、痛いのは嫌だが、一瞬で消え去れるのならぜひそうさせてもらいたい。
というようなことをダラダラ考える暇があったらとりあえず仕事だ。
そう決意して少しずつ原稿書き。

夜はそぼろとキャベツの丼。
一旦寝て起きて仕事。

by chi-midoro | 2019-01-12 02:24 | 脱力
<< ブラックニッカ日々 2019-... ブラックニッカ日々 2019-... >>