チミドロライブ情報

チミドロというテクノラップバンドをやっております!
簡単なプロフィールはこちらです!

パリッコさんと一緒に「酒の穴」という飲酒ユニットをやっていて、二人で本を作っています!
酒を見つめる対話集 酒の穴 特設ページ


ライブ情報:

2018/9/30「勃発来東!&アニバーサリー前夜祭!」@新宿モーション
2018/10/5「uIIInのイチジク白書3」@下北沢THREE
2018/10/14 @三鷹おんがくのじかん






ライブ情報、Facebookの「チミドロ」ページでもお知らせしています!

気軽に遊びにきてください!



みに、


チミドロの作った曲は下記から聴くことができます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

1stアルバムみんなのうた(2007年)
AMAZONでも売ってます

PV「TOKYO特許許可局」(2008年)

PV「ブルージーンズ」(2010年)

PV「ただの錯覚」(2011年)

フリーダウンロードのコンピ「Daredemo Tsukureru Music」(チミドロ/TOKYO特許許可局)(2008年)

フリーダウンロードのコンピ「Daredemo Tsukureru Music vol.2」(チミドロ/ブルージーンズ)(2009年)

ファミコン音源を使った曲ばっかりのコンピCD「F.C BROS 2011」(チミドロ/迷子)(2011年)

ダンスレーベルLBTのコンピ「Drinkers High!10」(チミドロ/ゲットー酒場)(2011年)

フランスのレーベルSONOREのコンピ「みんなの家」(2012年)

BANDCAMPで配信中のわんにゃんパークEP(2013年)
そしてそのリミックス音源

SCUM PARK周辺のコンピ「FRESH EVIL DEAD」(2015年)

下北沢THREEのイベント「NO FUN」のコンピ「NO FUN ISSUE01」(2015年)

チミドロのsoundcloud

チミドロのMyspace

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

# by chi-midoro | 2019-12-24 23:59 | ライブ

ブラックニッカ日々 2019-01-10

昼、今度シカクで行われる古本市で、なぜか自分のためていた夜景ポストカードを展示することになり、ファイルに入れたのを持って行く。
クリアファイル2冊分ぐらいで、一時期はオークションでちょっと高いのとかも買っていたのや、最近では旅行先で夜景を写した絵はがきを見つけたら買う、ぐらいの感じのが集まっている。
みゆきさんとともにその中から展示するものを取り出していき、割とそれだけで時間が経っていった。
今は棚卸し時の荷物が店内にいっぱいあってそれ以上の作業ができずそのまま置いてきてしまったが、展示できるだろうか。

昼ご飯に棒ラーメンを作って食べる。

取材依頼のやり取り色々。
どれも相手の方の寛大な対応のおかげでうまく進められそうでホッとする。

夜は野菜炒め。豆板醤を入れたら美味しくできた。

「何者」っていう映画をみる。
朝井リョウという作家の直木賞受賞作を映画にしたもの。
就職活動に打ち込む若者たちの群像劇みたいな。
就職活動って本当に抑圧的で、実際そうなんだと思う(自分はほんの少し書類いくつか書いて送って全部ダメでそれで諦めた)のだが、それにしてもこの登場人物たちのつまらなそうなこと。みんな美男美女なのに。唯一、菅田将暉だけが楽しそう、というか素直に生きている感じで、あとの人物たちは出し抜き合い、プライドの張り合い、みたいなことをずっと繰り返している。

主演の佐藤健が、一番落ち着いていて人格者っぽいんだけど、実はツイッターに裏アカウントがあって、そこでみんなの悪口を書いていた、ということが後半わかり、それが映画のどんでん返し的なものなのだが、今の時代、それぐらいの性格の悪さは驚くことでもないような気がした。なので、そこでうお!!そうだったの!?ってなれず、「ほうー」ぐらいの感じに受け止めてしまったまま映画が終わり、「世にも奇妙な物語」の長いやつをみたような、ちょっと物足らない風に感じてしまった。

いや、でも就職活動をしている人がこれを見て、あんな厳しい世界なんだから多少ゆがんでしまったり取り乱したりしてもいいんだ、と楽に思えたらそれだけでもいいのか。佐藤健は映画の中で、就活せずに夢である演劇を続けているかつての親友を見下していたのを、最後には改めて、あいつはすごい!と思えるようになったらしかったし、成長していた。それが救いだった。けど、この映画の中では就職活動のおかしさ、気持ち悪さっていうのがそんなに感じられなくて、どっちかっていうと、「その仕組みの中でゆがんだコミュニケーションをしている人たち」がテーマで、就職活動は当たり前にこういうものとして肯定されている気がして、菅田将暉とかが映画の中で「なんだよ!このバカバカしい仕組み!なくなれよクソ!」とか激高したっていいのになと思った。菅田君は就活直前までバンドをやっていて、結構いい歌を歌っていたのである。それなのにいきなり物分かり良すぎじゃないか。

# by chi-midoro | 2019-01-12 02:45 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-01-09

今日も終日家で仕事。
取材依頼の連絡などヨシ!と気合を入れて色々やる。
昼、冷蔵庫の中に残っていた生麺やキャベツ、ハム、コーンなどを使い適当ラーメン。
お腹いっぱい。
正月の長時間のお笑い番組何個か録画してあったのを仕事しつつ一気に見る。
図書館に本を返しにいく。
読めないまま返した本がたくさんあった。

家に戻って引き続き仕事。
夕飯はキムチ丼。

寝て起きて仕事進め、ようやくたまっていた仕事は一通り片付いた。

# by chi-midoro | 2019-01-12 02:28 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-01-08

パスポートの申請をすべく、パスポートセンターのある谷四へ向かう。
都島駅まで歩いている途中、メテオさんが教えてくれた大阪のラーメン新店情報の中にあった都島の「米白湯スープ」のラーメンを出す店っていうのがこの辺にあるはずだと思ったら、まさにテレビカメラが来てロケをしているところだった。
どんな味だろう。

谷四の駅構内にずらっと並んだ証明写真の機械で写真を撮る。
撮り直しボタンとOKボタンを間違えて押し、とりわけ情けない顔の写真ができた。
それをもってパスポートセンターへ。
こんなにたくさんの人がパスポートを求めているの?と驚くほど大勢待っている。
でも受付のスタッフもすごくたくさんいるのですぐ順番が来る。
愛想のいいスタッフの方ばかりだった。高圧的かと思ってビビッていたのでホッとした。
なんせ前に作ったパスポートを部屋の中でなくしたので、怒られるかと思ったのだ。
そしたら隣の人も自分の後の人も前のパスポートはなくしましたーと平然と言っていて、あ、いいんだね、と思えた。
で、パスポートを作るのに1万1千円もかかると知ってびっくりして、しかもそれは5年バージョン。10年間のものだと1万6千円だという。
封筒に残していた、今度旅行に行く時にとっておいた金を使うしかなく、封筒ごと持ってきていたのだが、なんと今日は必要なく、1週間後に受け取る時に払うんだという。
急にお金を使わなくてよくなった!と思って、センターを出て近くのラーメン屋へ。
「Ramen 辻」というお店。泡だて器で表面に細かい気泡を作るみたいな先進的なラーメン。
旨い。白いスープの下からつくねだのなんだの色々出てきて驚く。
そんなに量はないはずなのに旨みの度がすごくて、ヘロヘロになって外へ。
そのまま帰路につく。

大阪に帰ってきたら、現実だ。
年末に終わらせるはずだったのに残っている仕事。
そういう態度でいつも伸ばし伸ばしになっているために全然入ってこない原稿料。
何度もオンライン残高照会をして、ずっと変わらない数字を見る。
っていうかこんな時に旨いラーメン食べてる場合じゃなかった。
バイトした方がいいのは間違いない。
でもついつい、死んだ方が早いんじゃねえかと思ってしまう。
バイトして稼いだ金でご飯食べてゼロ円になり、またバイト。
それで特に楽しいこともなく、心がしめつけられるように悲しいことをたくさん経験させられるだけ。
周りの人が健康を害したら「早く元気になってくれ!」と思うが、自分は全然どうでもいいというか、
いや、痛いのは嫌だが、一瞬で消え去れるのならぜひそうさせてもらいたい。
というようなことをダラダラ考える暇があったらとりあえず仕事だ。
そう決意して少しずつ原稿書き。

夜はそぼろとキャベツの丼。
一旦寝て起きて仕事。

# by chi-midoro | 2019-01-12 02:24 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-01-07

ツイッターで、「おみくじで凶をひいた!」とツイートしている人がいて、そのおみくじの画像にこんな短歌が添えられていた。

春日山 みねつづき照る月かげに 知られぬ谷の 松もありけり

読んでいく順に、風景がカメラの動きのように変わって、最後、知られぬ谷の松のひっそりとした美しさのイメージになる。
凶のおみくじの短歌だから、イケイケ運気のただ中にいる人たちもいれば、そこから離れてひっそりと存在するものだってあるんだよ、だからまあ、元気出せよっていう意味で添えられているんだろうけど、自分はその知られぬ谷の松の方が綺麗なイメージにどうしてもなって、つまりそっちに肩入れしてしまう。すごくいい短歌だ。

今調べてみたら『金葉集』という歌集に入っている歌で、源師光という歌人がよんだものみたいだ。短歌を詠みあう場で、そうそう歌人がいる中で私のように無名の歌人だっているんですよっていう意味でよんだらしい。

午前中に荷物をまとめ、事務所にいる父に声をかけて、ボーイズと東京駅へ。
東京駅のステーションギャラリーでやっている、吉村芳生という、めちゃくちゃ緻密でリアルな絵を描く人の展示をみてご飯食べて新幹線に乗るかな、と思って行ったら、今日は月曜でギャラリーは休み。じゃあ、なんか食べるっきゃないな、ということに。ボーイズはマクドナルドでハッピーセットを食べたいと言い張り、自分はハンバーガーの気分じゃないので、二人がマクドナルドで食べている間に、ラーメンストリートの「ひるがお」という店(一番すぐ入れそうだった)で、塩ラーメンを食べる。

新幹線のチケットの時間までまだ1時間半もあって、とりあえず散歩。八重洲ブックセンターが見えたので立ち寄ってみたら、上の方の階に座って本を読めるスペースがあって助かった。座って静かに過ごす。ボーイズにマンガ、ちょうどその近くに「新潮美術文庫」っていう昔からあるらしいポケット画集シリーズみたいなのが並んでいて、この前のそれのムンクのを古本で買ったのだが、他のラインナップをみて、マティスのを手に取ったら表紙がまず最高に可愛くて、中の絵も、まさに今こういう絵が見まくりたい!っていうちょうど今の気持ちで、勢いでそれも買った。

そしてゆっくり駅に向かうとなんとか乗車時間がやってきて、あとは大阪に向かいながらパソコンで日記を書いて、ボーイズはゲームしたりマンガ読んだり、あっという間に着く。富士山は見た。

夜は冷蔵庫の食材で鍋をして、早めに寝る。
今日は母の抗がん剤治療の日で、結局自分たちは付き添えなかったが、少し気分は悪いがなんとかまあ、という感じとのこと。

# by chi-midoro | 2019-01-12 02:08 | 脱力