<   2018年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ブラックニッカ日々 2018-02-25

昼前起床。
昨日の鍋の残りを活かす形で袋めんを作って食べる。

仕事ほんの少々。
ダラダラ過ごす。

オリンピックが今日で終わるっていうのをなんとなく寂しく思っている。

上のボーイがこの前学校のランニング大会で4位になったというので「はま寿司」に行く。
予約していったのだが、すごい数の人が待っていて、駐輪場も溢れかえっている。

酒は家で飲めばいいと思って我慢した。

住んでいる建物の防災関連の会議があって出席。
非常時用のトイレを何個購入しておくべきか、みたいなことを5人ぐらいで話している会で、
自分は終始なんの発言をする勇気もなかったが、
そこにいると、非常時に何がどれぐらい必要になるかってまったくわからないけど、
それを予算を立てて購入しておく必要があって、
だから、何個買うかを決めなきゃいけない。
でもそれを決めるのには「そんなにいらないよ!」とか「もっとあった方がいい」とか、
正解のない無限の選択肢があって、
こんな小さい単位でも決まらないのをみんな大きな組織ではどうやって決めているのか勉強したいと思った。
あと、非常時にこういうものがあるとすごく便利、みたいなことはやっぱり自分は勉強不足すぎるのでいけないと思った。

夜、パリッコさんとLINEで対談。
役に立てたならいいのだが……。

ウメ氏が給料袋をどこかで落としたかも、と言って血相を変えている。
小雨が降る中、その道をたどって歩くが無い。
黄色い封筒でその中に10数万入っているという。
もし自分がそれを拾ったら、ちゃんと届けるだろうか。
めちゃくちゃ生活に困っている人ならもっていっても当然だろう。
途中、コンビニで買い物したというのでそのコンビニに行き店員さんにダメもとで「封筒がなかったでしょうか」と聞いてみると、
「んー封筒ですかー」と言ってしばらく裏の事務所を見たりレジまわりを見たりしてくれた後、
「そりゃねーかー」と思っているところに「これですか!?」と出してくれたのがその封筒であった。
前の時間帯のバイトの方が見つけて「落とし主が現れたら渡すように」とメモ書きをしてくれていたらしい。

安堵でめちゃくちゃテンションがあがり、御礼に何か買わないと!と思って明日食べるカップ麺を購入。
後になって思えば、何か店員さんに差し入れるべきだった。

とにかく、よかった…。

帰宅し、眠くなるまで部屋で焼酎を飲む。

[PR]
by chi-midoro | 2018-02-26 18:01 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-02-24

昨夜、そんなに飲んでないはずなのに体が重い。
ちょっと肉っ気のあるつまみを食べ過ぎたせいか。
起きてみてはまた横になってを繰り返す。

部屋の前に昨夜の自分が買っておいたカップ麺が置いてあり、それを見て買ったことを思い出し、食った。

今日こそ仕事しようって思っていたが、してない。
明日に託すことにする。

夜は鍋。
女子カーリングの3位決定戦が始まり、ルールもぼんやりしたまま、最初から最期まで見る。
息の詰まるような展開で、ワンミスで負けるような緊張感のある試合っぽかった。
最後、これで相手のイギリスがうまく投げたら日本が負ける、もしくはうまくいかなくとも延長戦か…、みたいなところで、イギリスのショット(シュート?投擲?)が思ったところにいかず、奇跡的に日本が勝利。

すぐ泣く自分なので、みんながワーッと抱き合って喜んでいるのを見て泣けた。
藤澤五月っていう人が可愛らしくて、こうして今は毎日のようにこの人を見ていたけど、
もうテレビで見れなくなるのかーと思うと寂しい。
あとNHKのカーリングの中継にコメンテーターとして出てくる市川美余っていう元カーリング選手で、美人の人がいて、その人の喋ることや喋り方に好感を持っていたので、その人に会えなくなるのも寂しい。
明日で最終日だそうである。
冬季五輪の競技ってどれもちょっとマイナーで、かつ、滑走するとか、速度をつけて飛び上がるっていう、人間にとって危険な状態での移動が多くて(カーリングはその点最高に安全だけど)、「なんでこんなことをやってるんだ!」っていうのが多くて、適当に見ていても面白い。

パリッコさんに誘ってもらって取材に行ってきた「散歩の達人」のチェアリングが載った号がおととい届き、見た。良い思い出がこんな風に紙面になりうれしい。自分は全然ここに出るような力はないのだが、声をかけてもらって幸運だった。

[PR]
by chi-midoro | 2018-02-25 02:13 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-02-23

起きたら昼前。
今日もカップ麺。

仕事少し。
あまりやる気が出ない。
ほとんどダラダラしてるだけ。

夕方家を出て玉造へ。
今日はUNDERHAIRZのラミーさんと飲もうという約束になっており、駅前で合流して、ラミーさんが好きだという「ねぎや」という店に。
入った瞬間それとわかる名店。
店主は依然、UNDERHAIRZのライブにも歌い手として出てたそうで、その時のライブを自分は見に行っていた(でも覚えてない)。

ポテサラとか豚肉セロリ炒めとか食べながら飲む。
正面のテレビでは女子カーリングの準決勝が行われていて、日本が韓国に負けたっぽいことを視界の隅で感じつつ、色々話した。
話したというか、ラミーさんの話が面白すぎて、面白い人と凡人っていう感じだったけど、
いい話をたくさん聞くことができた。

ラミーさんはかなり本気で、音楽をやっている人とか文章を書いてる人とか、まあそういう、普通の会社勤めじゃない活動をしている人が普通に暮らせるぐらいのお金を得られないのがおかしいと思っていて、そのためにもっと戦わなきゃいけない、というような意志が伝わってきた。自分の記事もよく読んでくれているそうで、「ああいう文章を書ける人があまりお金をもらえてないなんておかしいですよ!」と言ってくれて、最初は、「はは、そんな、いやあ」みたいな感じで受け止めていたが、だんだんと、自分がいつも「貧乏っす!」みたいにそれを自嘲することで簡単に済ませていたことが、そうしてるだけじゃ世の中の悪い流れに同調しているだけで、もっとちゃんと戦っていかないといけないことなんじゃないかと思えてきて恥ずかしくなった。

メテオさんとbutajiさんになんとか引き合わせたい人であった。

23時半頃まで飲んで解散。
帰りにコンビニでベビースターラーメンを買い、お湯でふやかして食うという謎の衝動的行動。



[PR]
by chi-midoro | 2018-02-25 01:54 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-02-22

昨夜食べたニンニクの黒酢漬けの効果で夜中何回か目が覚める。
ほとんどニンニク注射並みのパワーを感じる。
起きて少し仕事したらもう昼でシカクへ出勤。
駅のそば屋でカレーうどん。

シカクでは新しい商品の登録作業などを進める。
「酒の穴」の本にサインを入れて納品して欲しいと言われ、
こんな俺の…と申し訳なく思いつつなんとか書く。
で、それが終わったらまた作業。
この、作家先生みたいな状態からすぐバイトに変化した瞬間が面白かった。

19時になり、みゆきさんと鍋しましょうということになって鍋。
一人300円とかでお腹いっぱいになり最高である。

図書館で借りていた高橋純子「仕方ない帝国」を読み終える。
結構テンションの高い文章で、最初はあんまり好みの文章じゃないかもと思ったが、だんだん馴染んできた。
印象的だった部分メモ。

・「時々の場の権力者が冗談を言った時に沸き起こるお追従笑いに対し、脳内に「追従笑い撲滅委員会」を立ち上げ、笑い声が大きい時ほど表情を硬くするよう努めている」

・(コムデギャルソン代表・川久保玲の言葉)「常にあなたを他の誰かのようにしようとする世の中で他の誰でもない自分でいること、それは人間にとって最も過酷な戦いに挑むことを意味する。戦いを諦めてはならない」

・(鳩山由紀夫が自民党について語った言葉)「情があるんですよ、自民党には。情はしばしば腐敗に結びつくのでやっかいですが、支持者も含めてあたたかい。金遣いは荒いし酒も飲む。困ったもんだけど、でも、我が家がもっているのはお父さんのおかげだねと。自民党は父性的な強さと、母性的なあたたかさを両方持っているから強いんです」

・(斉藤環が安倍政権をヤンキーになぞらえて語った言葉)「自民党の政権公約では「自立」がうたわれています。気合が足りないから生活保護を受けるようなことになるんだ。気合入れて自立しろという、ヤンキー的価値観が前面に出ています。経済やふるさとを「取り戻す」と言っても根拠は薄弱で、要は気合があれば実現できるという気合主義を表現しているに過ぎません」

・(外山恒一の言葉)「民主主義を守れとか言っているリベラルな人たちが思い描くような世の中にならないのが、民主主義です。リベラルな人たちは。自らの問題を言葉にしたり、変革したりする回路すら持っていない社会的弱者に寄り添っているつもりでものを考えてきたと思いますが、インターネットが普及し、そういう人たちが言葉を持ち始めると、ネット右翼みたいなのがどんどん出てきて、それに影響されて世の中の風潮もどんどん右傾化していく。この皮肉な現実を、リベラルな人たちはもっとかみ締めた方がいいと思います」

・(片山杜秀の言葉)「面倒をみなければ当然、国家としての凝集力は弱まります。富裕層は国外に流出するかもしれないし、貧乏人は暴動を起こすかもしれない。さあどうするか。以前のようにお金をバラまけないのなら、とりあえずは精神で統合をはかるしかありません。日の丸。君が代。靖国神社。主権回復の日。あるいは国民栄誉賞もそうかもしれませんが、「俺たちは日本人だ」という雰囲気を盛り上げ、つらい目にあっている人ほど持っている「連帯したい」という感情を糾合し、文句を言わせないようにしようと。安倍政権を礼賛している右寄りの人たちは、実は自分たちも切り捨てられる側にいることに気づいていないし、左の人たちは批判のポイントを間違っていて、その意味では両方ともうまくごまかされてしまっています」

以上。
あとがきに保坂和志の引用が出てきて驚いた。


[PR]
by chi-midoro | 2018-02-25 01:36 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-02-21

午前中から夕方までグッと仕事頑張る。
昼はカップヌードル。

19時過ぎに家を出て谷町線で駒川中野駅へ。
近くの倉庫で営業している中華料理店の取材に。
みゆきさんはやとさんヤマコットさんにもお付き合いいただく。
本当にドカーンと広い倉庫の中で、そこにある簡単な設備でマスターが料理をする。
それがどこでも食べたことのない味の料理ばかりで旨い。
素朴だったりクセがあったりするのだが、素材に変な手を加えてない、そのままの旨さみたいな。
マスターもお酒好きらしく飲みながら料理して、最後は我々のテーブルに来て一緒に飲む。
つい先日酔っぱらってコケたとかで目の周りが腫れていて味わい深かった。
はやとさんが面白くて、一応今回はお店に事前に取材のお願いをして写真をバシャバシャ撮らせてもらいつつ飲み食いしているのだが、
まったく媚びることなくいつも通りで、羊肉の餃子を食べて「うわークセがすごいー!」と言ったり、マスターがサービスで出してくれた黒酢にニンニク漬けたやつ、を「いや、僕黒酢嫌いなんでいりません」と言ったり、最後マスターが徐々にノッてきて話してるところで「電車やばいっすよ帰りましょう」と言ったりして笑えた、

会計は一人3000円ぐらい。すごい店であった。

ギリギリ終電に間に合い帰宅。

[PR]
by chi-midoro | 2018-02-25 01:07 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-02-20

起きたら11時頃。
起きた瞬間から空腹。
昨日買っておいた豚骨味のカップ麺食べて昼食とする。

なんとか一つ原稿を書き終え、仕事関係のやり取りもろもろをしてたらすぐ夕方。
今日も全然外に出ず、ずっと寝間着のまま。
体がなまる。

夕飯は鍋。
できあいの豆乳味噌スープを買ってあったのを使って作る。

あ、一瞬外に出た。
小ネギを買いにスーパーに行った。
今日の唯一の外出である。

23時ごろまで眠り、起き出して仕事。
慎重にやらなければならない校正の作業で、思った以上に時間がかかる。
かといって疲れてやると見落としそうなので無理せず残りは明日に。

Seefeelの「Quique」っていう1993年のアルバムがYoutubeにあがっていて、最近それをよく聞く。
もやがかったような反復サウンド。気持ち良い。

チミドロLINEから週末に何人かいける人が行ってきたという練習の音声が送られてくる。
みんなの話し声も入っていて、その場にいるような気分で笑って聴いた。



[PR]
by chi-midoro | 2018-02-21 03:41 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-02-19

今日は一日家で仕事。
昼、なんとなく久々に米が食べたくなり、一度も入ったことのなかった「ほっともっと」へ。
「タルタル特のり弁当」っていうのが平日の昼は100円引きの390円で、
そこに100円のサラダを買い足すことにした。

魚のフライ、唐揚げ、メンチカツが入っていてご飯もたっぷりでお得だ。

「unga!」の取材用に酒屋で買ってきたノンアルコール飲料で片っ端から焼酎を割って飲む。
今日が締め切りなので、急いで書かなければならないがそのためには飲む必要がありドンドン酔っていく。
この矛盾。
それにしてもノンアルコール飲料がこんなに増えているなんて驚く。
5年ぐらい前からで始めたんじゃないかという印象。
ノンアルコール飲料のバリエーションが増え、一方でチューハイはグングンアルコール度数が上がっていくこの流れは、
ちゃんとした人が分析したら社会的な大きな何かなんだろう。

ボーイズが帰ってきて「いいなージュース。ビール?ずるいなービールばっかり飲んで」と言うので
「こんな仕事もあるんだよ」と伝える。

夕飯はボーイズのリクエストでハンバーグ丼。
ご飯の上にレタスを敷いてジャガイモをマッシュしたのを乗っけてハンバーグ乗っけて適当に調合して作ったソースをかける。

一旦寝て起きて仕事。
半分ぐらいまでやって着地点が見えたところでやめにしてあとはサボる。

[PR]
by chi-midoro | 2018-02-21 03:35 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-02-18

午前中、ボーイズが梅田にベイブレードというコマのおもちゃを買いに行きたいというので連れていく。
ヨドバシカメラのレジの列に並んでたら60歳~70歳ぐらいの「まだまだ全然現役でっせ」的なおじさんがスッーと列を無視してレジに直行し、お店の人に「あちらにお並びください」って言われ、並んでる俺に「何が悪いねん!」的な視線をグーッと向けてきて、なんなんだよと思った。

一瞬腹立ったが、孫になんか買ってあげるために来たんだろう。この人にも可愛い孫がいるんだろうと思ったらどうでもよくなった。

買い物を終えてすぐ帰宅。コンビニで昼ご飯を買って帰る。俺はカップ麺。

「ベイブレード」というおもちゃ。「ベイ」っていうのはベーゴマから取ったそうで、めちゃくちゃ高速回転するコマをガンガンぶつけて遊ぶ。コマが3つの部分に分かれていて、一定のダメージを食らうとバーン!とバラバラにはじけるような仕組みになっている。それが見た目的にも爽快で、その3つの部分を付け替えると重さが変わったり、攻撃系のタイプやディフェンスが強いタイプなどのバランスにカスタムできて楽しい。しかも何回ぶつけても多少手荒に扱ってもまったく壊れたりせず、タフな作りである。
形やカラーも色々あって、それがなんともミニ四駆とかみたいな、コロコロコミック的なカッコよさになっていて、そこも良い。
酒飲み仲間で飲みながらやっても盛り上がるんじゃないだろうか。

夕飯、またコンビニに行ってスパゲティとレトルトのミートソースを買ってきて食べる。

風呂であたたまり、寝て起きて少し仕事。


[PR]
by chi-midoro | 2018-02-21 03:26 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-02-17

昨日注射を打ってそんで今日、起きてみるとすっかり元気!みたいな感じかと思ったが、そんな分かりやすいことはなく、でもなんだかいつもより眠い気がする。まあとにかく体が栄養を得ているのは間違いないんだからいいか。

昼、この前買って半分残っていた菊水の生麺を使って適当なラーメンを作って食べる。
しかし今日はスープのバランスがうまくいかず、閉口な出来となった。
ボーイズにはチャーハンを作ってふるまう。

天気が良いが今日は全然家から出ずにゴロゴロ。
昼過ぎにオリンピックのフィギュアスケートで羽生くんが金メダルをとったのをテレビで見ていて、すぐ泣く。
羽生くんはなんか見ていて、目が離せない魅力がある。危なっかしいような気もするんだけど、
なんか見ていたくなる愛らしさがある。銀メダルを取った宇野くんっていう人も素朴で面白い。

オリンピック、結局ダラダラ見てるといつも見ているどのテレビよりも面白くて、
ずっとやっててくれたらなみたいな気持ちになるから勝手なものである。

夕飯はイモやもやしや豚肉を鉄板で焼く。
旨い。

ボーイズが「君の名は」を見たいというのでダラッと一緒に見ていたのだが、
最後の方、自分がまったく見た記憶がないシーンが結構あった。
飛ばしてみてたんだろうか。謎である。

3時頃まで部屋で焼酎飲んで酔っ払う。

[PR]
by chi-midoro | 2018-02-18 18:48 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-02-16

11時ごろ、家を出て近所の「桜川クリニック」という病院へ。

先日メテオさんたちとのLINEで、自分が食あたりでへばってた話をした際、
「そういう時はプラセンタ注射がいいですよ!ニンニク注射と一緒にやったら、まず打った瞬間目が良くなる。そしてメシが旨くなる。ポジティブなことしか考えられなくなって笑いが止まりませんよ!」とメテオさんが言っていて、
ははは!まじすか、と言いつつネットで調べてみたら思ったより安くて、プラセンタ注射とニンニク注射あわせて1000円ちょっとで、しかも近所の病院でやってもらえるということがわかった。

それで、よし、今度必ず行ってみようと思っていて、今日ちょうどタイミングがよかったので行った。
内科と泌尿器科を兼ねた病院で、普通に診察してもらいに来てる人がいる中、「注射をー」と言うのが少しなんか恥ずかしい。
しばらくして診察室に呼ばれ、他にも美白にいいやつとか、肝臓にいいやつとか色々ありますよと説明されるが、
とりあえず今日は初志貫徹で、プラセンタとニンニク注射っていうのをしてもらう。
事前に調べたところ、注射と点滴どっちでもいいらしく、注射の方が安いらしかったが、
自動的に点滴が採用されていたみたいで、奥の部屋に通されて椅子に座って点滴を受ける。
点滴が始まると、どこからでもなく体の奥からニンニクっぽい香りがしてきて驚く。
こういうものらしい。
この”どこから来るでもない匂い”への違和感がずっと消えず、しかも匂いはどんどん強くなってくる気がする。
15分ほどで点滴が終わり、1800円ほどのお金を払って外へ。
イオンでカップ麺とコーン缶買って家に帰り、ドサ入れして食べる。

食べ終わり次第慌ててシカクへ出勤。
体の中にニンニク注射の匂いがずっとあって、ふとした時に湧いてくる。
それに慣れなくて、とりあえずミンティア噛んだりする。
元気になったのだろうか、どうなんだろうか。
ハッと世界が変わるような大きな変化は感じない。

シカクで仕事をしていたら自分が少しだけいつもよりテンションが高い気がした。
でもそれも気のせいと言われればそうかなと言う程度。
しかしみゆきさんには「いつもの倍のスピードで仕事してますよ!」と驚かれる。
そこまでではない。
新しい本の登録作業などする。

今日はヤマコットさんとはやとさんも誘ってみんなで鍋をしようという話になっていて、
みゆきさんとスーパーに買い出しに行き、鍋の準備。
いつもはなんかしら記事の取材みたいなことに協力してもらうことが多いのだが、
今日はなんでもないただの鍋。
豆乳味噌鍋。タラも鮭も鶏肉も豚肉も入っている。豪華だが一人500円程度だ。
ヤマコットさんが買って来てくれた551のエビシュウマイも旨い。
「酒の穴」の本について色々ありがたい言葉をもらって照れた。
23時半頃解散。

部屋で3時頃までウトウトしていた。

[PR]
by chi-midoro | 2018-02-18 18:28 | 脱力