<   2018年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ブラックニッカ日々 2018-10-16

グダグダ状態で起床。
母と生駒軒へ。
母は健康診断で胸にしこりが見つかり、
乳がんの疑いがあるとのこと。
22日に正式な検査を受け、来月早々に結果が出るという。
「この町で過ごせて幸せだったな」などとすでに弱気なので、
「まだよくわかんないんだから結果が出るまでは普通にしていたらいいよ」と言いながら、
自分もその結果が確定するのが怖いような、
とりあえず先延ばしにする気分。
今はまだ何も分からないのだ。

食べ終えて部屋に戻り、少し休んで椅子持って家を出る。
浜町駅から京王線直通の電車に乗り稲田堤を目指す。
多摩川沿いの「たぬきや」が今月いっぱいで閉店するとのことで、
最後に一杯飲みに行こうとパリッコさんと約束した。

14時半に駅に着き、コンビニでチューハイを買ってまだ開いてないたぬきや前に着くと、
すでに10人ぐらいの人が待っている。
常連らしき人が「今日はやるかわかんねえなー」と話しているのが聞こえ、
そうだよな、まあ開かなくても最後に来れてよかったか、と思っていたら、
店のお母さんが原付でサッと現れ、まるでヒーローが助けに来てくれたようであった。

パリッコさんのことを知っていてファンだという、上條さんと言う男性と会い、
そのまま一緒に飲むことに。東京ウォーカーの編集の那須さんも合流し、
4人で飲む。ホッピーやビールと、おでん、焼きそば、もつ煮を注文するも、
そもそも開店を待っている人が大勢いるぐらいんなので、
お母さんは一人でてんやわんや。
なかなか料理は出てこない。

その間に店内を思い出にと撮影したり、
店の近くに椅子をおいて座って記念撮影したりした。

初めて来たのはいつだったろうか。
自分はまだ渋谷で仕事をしていて、
仕事帰りの路上飲みが高じて道の延長みたいな場所で飲めたら楽しいなと
勤務中いつも酒場ブログを検索してそういう店を探していた。
ある日、たぬきやについて書いたブログを見つけ、
店の雰囲気もそこから見える景色も素晴らしそうだったので、
その頃よく一緒に飲んでいた同僚と、
ピコカルに「大衆酒場ベスト1000」を書いていたパリッコさんを誘い、
奥さんのるこさんも来てくれて、それで4人で行ったのが初めてだった。

その時はまだ看板猫のミイちゃんも存命で、
我々が座った店内の端っこの方にある座敷に挨拶にきてくれた。

それから何度となく店に行って、
ある時は真冬に鍋を食べにいったり、
キセルの豪文さんと一緒に飲んだり、
ヤスタライズさんとマナブさんと飲みに行った時は夏で、
店に入って早々に雷鳴が轟き、「お母さんが帰れなくなるから急いで店を閉めるぞ!」と、
常連さんが協力しあって店をサッと片付け、開店からほどなくして閉店になったこともあった。

火曜の開店直後からして混みあっており、お母さんは本当に大変そうだった。
なんとなく、お母さんが来ている服の、なんだかよくわからん柄の感じが、
いかにも母親が着ていそうな服に思え、好きだったのものがどうしても時間とともに変化していくんだということを感じて辛くなる。

パリッコさんは次の取材が控えており、
16時過ぎには店を出ねばならず、つまみは出てこない。
最後の最後に煮込みとおでんが出てきて、
急いで一口ずつ食べ、残りは上條さんに託して店を出る。
最後にお母さんに「写真を一枚ご一緒に」と願い出たが、
「嫌です!」と言われる。そりゃそうか。忙しい時に失礼なことを言ってしまった。

「たぬきやが無くなってもまたこの河原に飲みにきましょう」とパリッコさんと話しつつ、
次の取材先に。自分も同行させてもらう。
ファミレスで飲むという取材で、自分もすっかり楽しく飲ませてもらい、
さらにその後、調布までタクシーで移動して飲む。
編集者の那須さんは綺麗な女性なのだが、ガブガブ酒を飲む人で、
かつ、おつまみもガンガン食べる人なので見ていて楽しい。

「鳥まさ」という店で、大将に聞くと、
この界隈では一番古い店だという。
パリッコさんがメニューを見て、
「焼き納豆と水戸納豆っていうのがありますが、これは、それぞれ違うんですか?」と聞いたら大将が
「……どういう意味?」と言っていて笑えた。確かに。

途中、那須さんがコンビニに行ってヘパリーゼをみんなに買って来てくれる。
さすが歴戦の覇者という感じだ。

22時半頃店を出て、パリッコさんはバスで帰るとのこと。
那須さんと電車で途中まで一緒で、駅に向かうと「コンビニでお酒買いましょう!」と言う。
チューハイを購入し、空いた電車の中で飲みながら帰る。似た飲み方の人である。

部屋に戻ってしばらくして、ミヤマッチが部屋に来る。
チミドロTシャツを欲しいという方がおり、その人に渡す分を受け取りに来た。
缶ビールを買ってきてくれたが自分はすでに酩酊。ちょっとしか飲めない。
ミヤマッチもその様子を察してかササッと帰っていった。

[PR]
by chi-midoro | 2018-10-17 20:01 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-10-15

午前中に起床。
ゲオにDVDを返しに自転車で行く。
ゲームの販売コーナーのモニターで「バトルフィールド」っていう、
第二次世界大戦をテーマにしたゲームのデモ動画が流れていて、
それがとんでもなくリアルで、これは一体なんなんだろうと思う。
撃てば敵が血を噴き出して死ぬ。
そこら中で銃声が響き、空から爆弾が降ってきたりする。
たぶん絶対面白い。
面白そうだからこそ怖い。

部屋に戻り、身支度をして出発。
13時過ぎの新幹線に乗って東京に向かう。

東京駅から有楽町駅まで行き、パリッコさんと合流。

16時から編集者の竹内さんと三州屋で飲む。
カキフライ旨し。

18時から一緒に本を作ろうということになっている編集者の高部さんとサイゼリヤで打ち合わせ。
話が進み、後半は飲みながら歓談。

その後、食安で一杯飲み、ここまで来たからには、とパリッコさんの好きな「チカロ」へ。
カウンターに三人で座る。
パリッコさんがタコブツを頼んで「旨い!旨いよー!」と言って食べ、
その後寝てしまった。
一人ひとかけらずつぐらいのタコブツが残っていたので、帰り際に「パリッコさん!タコブツ最後に食べましょう!」と口に放り込んだら「何これ!気持ちわるっ!!」と言っていて面白かった。

有楽町駅前で解散となり、新橋まで歩いて博多天神のラーメン食べて帰宅。

[PR]
by chi-midoro | 2018-10-17 19:34 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-10-14

目が覚めると11時。
ボーイズにチャーハン作る。
自分はカップ麺。

時間がくるまでスプラトゥーンやる。
3時頃家を出て都島駅から日本橋へ。
今日は、ロフトプラスワンウエストで行われる「路線図ナイト」というイベントに参加するのだ。

デイリーポータルのライターで路線図について詳しく、二人で本を出した、
西村まさゆきさんと井上マサキさん、そして古賀さん、という3人に自分が混ぜていただく形。
路線図についての知識もまったくなく、
むしろああいう風に情報をきちっと線上に並べるみたいなことが最も苦手な自分で、
申し訳なさ過ぎるが、呼んでもらったからには行く。

西村さんも井上さんも大先輩のライターではあるが、
気を遣って話しかけてくれる優しいお兄さんみたいな感じだ。
そのおかげで割と緊張せずにいられた。

18時に本番がスタートしてからは、自分の知識の無さを情けなく感じつつも
なんとかたまに喋って頑張る。
来てくれていたkogeさんに前半終了後の休憩時に「もっと絡んだ方がいいです!」と助言され、
後半はもう少し頑張る。でもまあ、いてもいなくても同じ存在ではあった。

今日はチミドロが三鷹のおんがくのじかんでライブをしていて、
自分もそこに行ければよかったのだが、経済的にひっ迫しており、断念。
それでこっちに出ていて、いてもいなくても同じなのだから、どの方面にも申し訳ない。

とにかく会は終わり、前にスケラッコさんが教えてくれた「人人餃子城」で打ち上げ。
路線図のこと、大阪のお客さんのリアクションが東京で違って面白いかったという話、今後の記事の企画の話などなど、
横で色々聞かせてもらって楽しかった。

みんなだんだん酒が入ってイキイキしてきた。
気付けば終電間際。
堺筋線で天六まで行き、歩いて帰宅。
気付いたら床で寝ていたので布団で寝直す。

[PR]
by chi-midoro | 2018-10-15 14:34 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-10-13

日中ずっとゴロゴロ。
起きたままの格好でテレビ見たり、また寝たり。
昼は袋麺。玉子を入れて作る酸辣湯麺。美味しかった。

あっという間に夜になる。

夕飯はセブンイレブンで買ったソースを使ったカルボナーラ。
ボーイズは気に入ったらしい。また食べたいとのこと。

22時頃家を出て自転車に乗る。
今日はobocoさんの「街道そだち」の日。
いつも缶ベキューが一人で寂しいのでヤマコさんにサポート役をしてもらう。

途中、100円ローソンで鯖缶を買い、
23時にHOPKENに集合。ハヤトさんも来る。

お客さんは10人ぐらい。
みゆきさんも来てくれる。

さっさんも友達を連れてきてくれた。

今日は鯖の水煮に玉ねぎとチーズを乗せ、塩コショウを少々、後はお好みで調味料を足してください、という感じ。
ヤマコさんが持ってきてくれた「ねぎ油」が最高に相性よかった。

1個200円で5缶ほど売れる。
4時頃までは一階で歓談して過ごし、少し眠くなったので3本目の映画を寝ながら見る。
パッと目が覚めるとJON(犬)さんが窓辺でオルガンを弾いていて、
起きたら犬が歌ってるなんて夢のようで、
これを見れただけでも価値があったと思う。
すご過ぎる。
歌を聴きながらまたウトウト。

キンメさんが優しくて、ビールをおごってくれたり
朝のモーニングセットをご馳走してくれたりする。
ありがたや…。
朝のシチューとトーストの旨さ、忘れまい。

気付けば朝8時。
今日かかった映画は
「旅するパオジャンフー」
「荒野の千鳥足」
「シャウト」
一本もまともに見れなかったが、いつか改めて見てみたい。

[PR]
by chi-midoro | 2018-10-15 14:23 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-10-12

終日在宅。

朝、テレビ局の方から電話があってチェアリングのことについて聞かれる。
「何か形になるか分からないのですが、うまくいったら連絡します」というようなことであった。

久しく店のラーメンを食べてないなと思い、「光龍益」へ。
いつもながら、怒ったら怖そうな大将と一切目を合わさず食べる。
旨い。ネギがこれでもかと入っており、食べると一日中ネギくさい。

家に戻り、猛烈に眠くなって昼寝。

起きて、よしスプラトゥーンやるぞ!と思ったが、
いややめた。だいぶ前に録画して見てなかったNHKの「アメリカと被爆者」というドキュメントを見る。
スーザン・サザードというアメリカの女性作家が、
谷口稜曄さんという、長崎の原爆の爆心地近くで郵便配達をしていて被爆し、
瀕死の大やけどを負いつつも生き延びて、原爆廃絶を訴えて生きた男性のアメリカでの講演の際に通訳係として出会い、
そこで聞いた話に衝撃を受け、その他の被爆者にも話を聞いて「NAGASAKI」という本を出版した。

アメリカでは原爆は戦争を止め、それ以上の無駄な死者を出さないようにした、
良い、とまではいかなくても仕方ない行い、という風に考えられていて、
あまり多くの人が実際の被害について目を向けないんだという。
「キノコ雲のことは知っていてもその雲の下で何が起きていたかを知らない」とスーザンさんが言っていた。
谷口稜曄さんは、原爆で背中に大やけどを負ったのだが、
その時、少年だった谷口さんが治療を受けている様子を米軍が撮影したカラーフィルムが見つかり、
アメリカで公開されて話題になったそうだ。
「原爆によってまさかこんなひどいことになっていたのか!」みたいな。
皮膚が焼けた谷口さんの様子から「赤い背中の少年」と呼ばれ、アメリカでは象徴的な被爆者になっていたそうである。

最後の方で谷口さんの言葉が紹介される。
「私の人生が30cmあったとして、29cmはあの日、原爆によって壊されてしまった。だけど1cmが残された。その1cmの中に私は生きる意味を見出した」というような言葉だったと思う。

スーザンさんの書いた本はアメリカの大学でも教材として扱われているそうだ。
だが、実際にスーザンさんが生徒たちとディスカッションしている模様を見ると、
そこに参加している生徒たちはお世辞も今風なオシャレな若者とは言えないような、
おそらくすごく真面目な生徒たちばかりで、もっと、着飾って町を闊歩しているような若者たちにその声が届くのはまだまだ先か、難しいことか、なのかもしれないと思った。

スプラトゥーンには「アメフラシ」という武器があって、
上空にインクの雲が浮かんで、インクの雨が降る。
味方をサポートすることのできる魅力的な武器なのだが、
あれは原爆っぽいなと思ってしまう。

夕飯は鍋。
大根おろしと小ネギとポン酢。
本当に最高だ。
「今日鍋だ」と思うだけでテンションがあがる。

今日は発泡酒も飲む。
クスモの記事が好評だったので自分へのご褒美。

寝て起きてダラダラとインターネット。

[PR]
by chi-midoro | 2018-10-15 14:07 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-10-11

今日はシカク出勤日。
新しい本の入庫登録作業など。
作業がたくさんあり、がんばって働く。
途中、パリッコさんとLINEで仕事の打ち合わせをしたり、仕事先から電話が来たりしてなんだかビジネスマンのようだった。

仕事後、久々にヤマコさん、ハヤトさん、みゆきさんと4人で飲むことに。
千鳥温泉の近くに最近できた「うおしん」という居酒屋に行く。
マグロがメインの店。
一人一回だけ注文できる「うおしんセット」が安くて、
マグロの造りとかマグロの唐揚げとかマグロのなめろうとかマグロのステーキとか、そういうもののどれか一品と好きなお酒がセットで300円である。
人数がいるので色々頼める。どれも旨い。

ヤマコさんと土曜の「街道そだち」の缶ベキュ―の話をしたり、
今年もあっという間だったな的な話をしたりする。
ハヤトさんが遅れてきて、色々食べて「うめえぇー!」連発。
最近カルピスしか飲んでなかったらしい。

もう一軒、とトンネル横丁の「玉や」へ。
ハヤトさんから不思議な話を聞く。

中学か高校の修学旅行で生徒全員で陶芸をやる機会があって、
ハヤトさんはその頃とりあえず何にでもケチをつけたい態度だったので、
「けっくだらねー!」と言いながら一応器の形だけ作った。
後日、焼き上がった器が各生徒に渡されたが、もちろん「けっくだらねー!」と思い、
友人と下校時にそこら辺の田んぼに放り投げた。

翌朝、登校してみるとなぜか田んぼに投げた器が自分の机の上に置かれている。
名前も何も書いてないからそれが自分のものだと分かるはずもないのに、という話。

あっという間に終電の時間が近づき、店を出る。
最後にコンビニで別れ酒(そのまま帰るのが惜しくて最後に買う酒)を購入し、解散。

公開されたクスモの記事が思ったより拡散されていてホッとする。

[PR]
by chi-midoro | 2018-10-15 13:42 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-10-10

昼、袋麺。

メテオさんが教えてくれた「イミテーション・ゲーム」という映画をみる。

第二次世界大戦中、イギリスのアラン・チューリングという数学者がナチスの「エニグマ」という暗号マシンを解読するためにあれこれ頑張る、という話なのだが、そのストーリーの中に色々な要素が入っている。チューリングが同性愛者で、当時、イギリスでは同性愛者だというだけで「わいせつ罪」に問われていたようで、それが明るみに出ると逮捕されるか、薬品を投与して去勢されるかっていう二択で、なんつう世の中だよ、と思わされたり、またチューリングの暗号解読チームの中にロシアのスパイが入り込んでいて、チューリングはそれを知って悩んだ末に暴露してしまうのだが、実はそれがイギリス軍がわざとやっていたことで、イギリスとロシアの微妙な関係性が描かれていたり、あと、ナチスの暗号を解読することに成功するのだが、解読して「ナチスがどこどこに戦艦を送り込んで攻撃しようとしている」とわかっても、そこに即座に反撃してしまうと、ナチス側に暗号が解読されたことを知られてしまう。そうすればもちろん、暗号マシンはさらに難解なものにリニューアルされてしまうだろう。なので、相手側に暗号がバレていることを知られないように、戦っていく必要がある。そのためには、「今日、この地が空爆を受ける」と知っていても、それをそのままスルーしたり、重要な局面では、解読した暗号を活用して戦ったりと、取捨選択しなきゃならない。人命を天秤にかけるような判断をしなくてはならないのだ。チューリングのチームはそこでまた葛藤する。とか、物語が重曹的に作られていて、チューリングの人間の歪さや魅力、戦争が生むシュールでバカバカしい問題などに分かりやすい結論が与えられずに考えるきっかけを与えられたような、そんな気分で見終わった。

夕飯は西京焼きとカツオのたたき。美味しい。

今夜もスプラトゥーン。

[PR]
by chi-midoro | 2018-10-15 13:29 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-10-09

家で仕事。
この前クスモに聞いた話を原稿にまとめる。
俺は面白いけど、記事として面白いのか不安過ぎて、
すぐスプラトゥーンやってしまう。

スプラトゥーンやったらやったで、強い人にやられまくってイライラが募る。
でもたまに勝てる時があるのでまたやってしまう。

昼はカップ麺を気持ちの波立ち一切なし、無表情で食べ終える。

夕飯は鍋。
最近なぜか大根おろしが好き過ぎて、おろしたそばからスプーンでガブガブ食べる。

夜中、みゆきさんとフレンド登録をしてスプラトゥーンをやる。
同じチームになる時もあれば、敵チームになることもある。
敵になった時、みゆきさんはめちゃくちゃ強くてぶっ倒れされまくる。
なんなんだこの気持ち。
楽しかった。

[PR]
by chi-midoro | 2018-10-15 13:07 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-10-08

天気が良いのでピクニックに行くことにする。
途中、京橋の「ジャパン」で弁当を買う。
デラックスのり弁290円。安い。

藤田邸の公園は台風以来閉園しているみたいで、大阪城公園へ。
夏のように暑いので日陰を探してシートを敷く。
弁当食べて酒飲んでウトウト。

ボーイズとドッジボールして遊ぶ。
思いのほか強いので、本気で対抗。
球を避けようとしてすっ転んで頭を打ったり、
めちゃくちゃに左右に動きまくって相手を挑発したりして疲れた。

夕方まで遊んで一旦帰宅し、すぐ「くら寿司」へ。
「昼ごろから今日はくら寿司だ!やべえ!」と興奮していたのだが、
ドッジボールではしゃぎ過ぎたのか、具合がすごく悪くなり、
6貫食べるのがやっと。
家に戻ってひと眠りしたが、体調は回復せず、
頭がガンガン痛くなってきて、このまま死ぬのかしらと思う。
しかし死ななかった。

[PR]
by chi-midoro | 2018-10-15 13:00 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-10-07

昨日もかなり暑かったが今日も暑い。
クーラー入れようか迷うほど。
来ると言われていた台風は幸い被害を残さずそれて通過していった。

今日は下のボーイの運動会。
台風が午前中までは影響を及ぼすかもという予想があったので昼からのスタート。
二人とも好物の「山形冷やしラーメン」を昼ご飯に作り、食べてから行く。
自分は適当パスタを無表情で即食い。

12時から15時半頃まで運動会を観戦。
走ったり踊ったり、よく頑張っていた。
1万いくらで買った望遠レンズが役立つのはこんな機会を含め、1年に数回だけである。

終了後、家に戻って一休みし、
「自分も頑張ったんだからガンプラ買ってくれ」と言われて昨日に引き続きエディオンへ。
1000円ほどの出費。
しかも謎の勢いでしまむらでトレーナーを自分も買ってしまう。

その時点で18時を過ぎていたので王将で食べて帰ることにする。
やたら混んでいて、席に着くまでに30分。
席に着いて注文したものが来るまでに30分。
それを食べ終えるまでに30分かかった。

なんかやはり、混んでいる場所ってだんだんバカらしくなってくる。
いや、そういうのが楽しいこともあるんだけど、
どうせ並ぶんだったらスペシャルなものを食べたいものだ。
王将食べたきゃ、平日の夜でもいいんだし。
自分の「王将」というチョイスは失敗だった。
これだったら「すき家」でも「吉野家」でもなんでもよかった。

家に戻り、お風呂に入ってダラダラ。

今日締め切りの原稿を一つ書き終え、
勢いでたまっていた日記を書いて寝る。

[PR]
by chi-midoro | 2018-10-08 01:49 | 脱力