人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ブラックニッカ日々 2019-05-15

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by chi-midoro | 2019-05-23 00:12 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-05-14

人間ドック。
淀屋橋駅まで地下鉄乗り継ぎ、9時15分着。
もう受付をしてくれた。
前夜はあまり水分も取らない方がいいと言うし、おしっこ出なかったら困るなと思って昨日のうちに検尿しておいたんだが、それじゃダメとのことで取りなおすことに。恥ずかしい。

そこさえクリアしたらあとは流れるようにスムーズで、そんなに人がいないからか待合室で雑誌読む暇もないほどだ。
レントゲン、CT、心電図、身長体重、視力、聴力、採血、肺活量、そんなだったかな。
それで2万。たけえー!
最後、問診の時に「最近酒が飲めなくて」というと、「そこら辺は血液検査で全部わかりますよ」と先生。
とにかく2週間後ぐらいだという結果を待つ。

1時間もせずに全工程が終わり外に出た。
つまりもう、今すぐ酒を飲んでもいいわけだ。
しかし、飲めると思うと飲む気にならず、梅田までフラフラ歩く。
それにしても金が無い。ルクアの屋上でカップ麺食べる。

アウトドアショップみたいなのをひやかしたらシュッとしたよさそうなズボンとか一丁前に欲しくなって試着。
メルカリで古着ないか後で探そうと思う。

夜、「きみの鳥はうたえる」という映画を見る。
「海炭市叙景」とか「そこのみにて光輝く」の佐藤泰志が原作。
佐藤泰志の原作の主人公はいつもそんな気がするが、この映画の主人公の柄本佑も全然好きになれない。
そういうわかりやすい共感を跳ね返すようなところがあり、そこが面白い。
行き当たりばったりで暴力的で、一緒にいたら大変そうな、でもなんか魅力はある。
柄本佑が働いている書店の同僚(石橋静河という女優)といきなり恋に落ち、柄本佑が同居してる染谷将太と三人でなんかダラダラ遊んで過ごす。
染谷将太は石橋静河のことが好きそうである。柄本佑は飄々として、「彼女」だとか「付き合っている」とかそういうことは言わなそうな人で、染谷将太と石橋静河が二人でキャンプに行くのを全然構わず許したりする。
それを石橋静河は不安に思っているというか、もっとしっかり自分を引き寄せて欲しいとも思っているようだ。
そんな感じの距離感で、舞台の函館の澄んだ夜の感じ、主人公たちが遊ぶクラブとか卓球場とかビリヤード場の、なんか楽しそうだけど閉塞感もあるような感じ(クラブのシーンが妙に長くて面白い。ダラダラした時間の感じを伝えようとしているようだった。OMSBのライブシーンも出てくる)が何度も塗り重ねるように描かれている。

何があるっていう映画でもないけど、柄本佑の着てるシャツのなんでもないけど良いシャツに見える感じだとか、なんかとにかく「こんなやつらが函館にいるんだろうな」とリアルに思わされる映画だった。

映画は色々みたけど佐藤泰志の小説は読んだことがない。なんか嫌いかもしれないという気がする。でもさすがにだんだん読んでみたくなってきた。

昨日は松井一郎が「言論の自由」とか言ってたくせに、丸山ほだかが維新の会から除名されることになって、「あり得ない発言」みたいに会見しているのを見る。適当なやつ。

高須院長のツイッターで、大阪府知事の吉村と一緒に写っている写真をあげて「熱い男と会っているなう」みたいに書いているのを見る。
この気色悪いベタベタ具合。嫌なやつらばかり元気そうだ。

by chi-midoro | 2019-05-22 14:52

ブラックニッカ日々 2019-05-13

シカク勤務。
早めに西九条に着いて「琴ね」のラーメンを食べた。

新商品のレビューを書きながらニュースをちらちら見ていたら
・近年のハロウィンの騒ぎの影響で特定に期間に限り渋谷の路上飲酒を禁止する条例が制定された
・維新の会の丸山穂高が国後島に訪問し、元島民に「戦争しないと(北方四島を)取り返せないじゃないですか」みたいな発言をした。酒に酔っていたと語っている
・佐藤浩市が「空母いぶき」っていう映画で総理大臣役を演じる際に、総理大臣が精神的に追い込まれると腹を下すという設定を自分の判断で付け加えたというインタビューで語っていて、それに対して百田尚樹がツイッターで激怒
みたいなニュースが次々現れ、心の中が騒がしい。

百田の意見に同調するお馴染みの高須とか有本香とかカルトな人々が「佐藤浩市、言語道断!」「絶対そんな映画見ない!」みたいにツイートしていて、みんな一斉にどっかいけばいいのにと思う。

夜、丸山穂高の発言について、松井一郎が「言論の自由ということもありますし」みたいに擁護していると知る。何もかもうんざり。

是枝監督の「誰も知らない」を見て衝撃を受ける。
15年前のこの映画を今まで見ずにいたのはなんでだったんだ。
宇多丸さんがラジオで「万引き家族」の話を、「誰も知らない」のことも引き合いに出して語っていて、そっちも見ようと思って見たのだが、なるほど、これもまた、放置された子どもたちが、厳しい状況で家族のように結束する話で、引いた視点で見たら不幸な話だけど、でもそこには幸せそうにしか見えないような時間もあるということを描いている。子供を放っていなくなるYOUも、ダメな人だけど、子どもたちといるときは優しい。愛のある人に見える。

愛があるっていうのは、割と簡単にそう見えてしまうものなんじゃないかという気がしてくる。
お前が今一緒にいる状態が嬉しいよ!っていうことを示しさえすればそれで愛があるように見えるんじゃないか。
本当はその愛が過酷な状況でも継続することこそが愛で、インスタントなその場だけの愛って結構簡単に成り立つんじゃないかと思う。
自分はそんなに攻撃性がなく、争いをとにかく避けたいような性格なので「優しい」「穏やか」と言われることが多いけど、自分の持っているのはインスタントな優しさ、穏やかさ、だといつも思う。愛や優しさがインスタントなものかどうかって、パッと見は分かりづらい。ずっと時間が経つと差がわかってくる。

いや、本物の愛とインスタントの愛っていう二つがキッパリ分かれてあるわけじゃなくて、グラデーションになっていたり、ある時までは強かった愛が、外的な衝撃で崩れてしまうことだってあるだろう。この映画の中の、柳楽君が演じている長男役なんか、無限かのような愛を父親の違う兄弟たちに注ぐけど、それも状況が過酷になると揺らぐ。柳楽君が野球してみたいけどただ遠くから見ているしかできなくて、ある時、少年野球の試合にいきなり誘われる、そのシーンの心から楽しそうな姿を思い出すと涙が出そうだ。

子どもたちがカップ麺の空の容器で草花を育てるところも思い出すと涙が出る。ずっと「外に出るな」と教えられていた子どもたちがついに外に出るところ、一番幼い妹が、帰ってこない母親を駅前で待ちながら大好きなアポロを「もうあと一個しかない」って食べるところ、すごいシーンがたくさんある。

これも宇多丸さんの受け売りだけど、手や足だけを映すシーンがたくさんある。それが美しい。最初は普通の子どもに見えていた子どもたちが、ある時からいきなり薄汚れた、どうも普通じゃない身なりの子どもたち、みたいに見えだす。

映画を見終えて、実話を題材にしているというこの映画の、その実話ってどんな?と思って調べて、この映画は是枝監督の祈りのように、その子たちにもこういう時間があったと信じようとする意志のもとに作られていたとわかる。弔いのような。

by chi-midoro | 2019-05-20 11:46 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-05-12

ミニバスをやる上で「バスケットシューズが必要だ」とボーイに言われ梅田に買いに行く。
ヨドバシカメラの上の方にあるスポーツショップ。
お店の人がすすめてくれたのが色々ある中でも安いやつでホッとした。
ヨドバシカメラのレストラン街のハンバーグ屋でランチを食べていく。

家に戻り、昼過ぎにみんなで白玉温泉へ。
久々。風呂上がりに発泡酒飲む。
近くにあるしまむらをのぞいたら、しまむらの店を写した写真がでかでかとプリントされたTシャツがあり、990円なので買ってしまう。

ボーイズにチャーハン作って、住民会議に出席。
めちゃくちゃ精神的に負担だったがたぶん今日で終わり。ホッとする。

20時頃終わり、コンビニでカップ麺買って食べる。


by chi-midoro | 2019-05-20 11:14 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-05-11

上のボーイがスラムダンクを愛読しているいとこの影響でバスケットをやりたいと言い出し、小学校のミニバスケット部の見学についていく。
体育館での練習を1時間ほどみる。その部自体ができたばっかりだそうで、みんな全然上手じゃない。
まあとにかく体を動かしているからいいか。

昼に家に戻り、袋麺。

ボーイズは外に遊びに出ていった。
夕方頃、近くのグランド(いつも少年野球とかをやっているが、夕方になると誰も使っていない)が空いたからキャッチボールしようとボーイに誘われ、グローブを持っていく。
小1時間ぐらいキャッチボール。

夕飯はボーイズにカレードリアを作り、俺はカップ麺。

シカクのメルマガを書く。

来週の人間ドックのために検便しなきゃいけないのが面倒くさい。

by chi-midoro | 2019-05-20 11:09 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-05-10

この前、撮影許可の申請をしにいった尼崎市役所と神戸の港湾局のそれぞれから「申請がおりました」と連絡があり、書類を受け取りに行く。
13時には大阪城公園でインタビューの約束があったので、午前中のうちに済ませないといけない。
椅子を持って早めに出る。
まだ腹が張って辛く、出先で何かあったら怖いので飲まず食わず。

JR立花駅から尼崎市役所まで歩いて書類を無事受けとり。
急いで三ノ宮へ。そしてポートライナーで中公園駅へ。
こっちも無事完了。
せっかくここまで来たのに急いで引き返さないといけないのが悔しい。

大急ぎで大阪へ引き返してギリギリ13時に間に合う。
改札前で、今回、チェアリングについて話を聞きたいと連絡をくれた立花さんと会う。

川辺のスペース(たまにシート敷いて昼ご飯を食べている場所だ)に椅子を置く。
立花さんも最近チェアリングをしてくれているそうで椅子持参。
会社に勤めながら、ライター養成講座みたいなのを受けて勉強していて、その卒業制作でチェアリングをテーマにしてくれるのだとか。
それで今日、自分の話を聞きたいということだったのだ。
酒を飲まないと緊張しそうだったので、コンビニで買った「ほろよい」を飲みながら話す。
4日前からずっと酒を断っていたから久々の酒。かといって特に何もない。

緊張はしなかったけど、とにかくうまくしゃべれない。
普段、取材で人に色々質問するくせに自分は全然明確に答えられない。
自分が取材する相手が自分だったら嫌だろうなと思う。

役に立ったのかわからないが、1時間半ぐらい椅子に座ったまま話をして、大阪城公園駅から電車に乗って解散。
立花さんは尼崎の町おこしみたいな企画にも関わっているそうで、今度ある面白そうなイベントについて教えてもらう。
行ってみよう。

夜、今日から酒解禁ということにして家で焼酎を飲む。

by chi-midoro | 2019-05-20 11:03 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-05-09

ここ最近、下腹部が張る。
あんまり物を食べてなくても関係なく張る。
どうも腸の動きが弱まるとそんなことになるようだ。
ビオフェルミンを飲んで横になるも、あまりに腹が張って痛くて、このまま動けなくなるんじゃないかと怖い。
とにかく横になっているしかない。

昼過ぎ、それでもお腹は減る。
こんな時にと思いつつ、金がないのでカップ麺を食べるしかない。
座って食べると腹が痛いので立って食べる。

夕方頃、少し楽になる。

上のボーイと一緒に布団に入って話す。
「一回寝て後で起きて文章を書かないといけないんだ」というと「どんな話を書くの?」と聞かれた。
「昔、夜遅くなって電車がもう走っていない時間になって歩いて帰ろうと思ったら、キックボードが落ちてて、それに乗って…」と、これから書く原稿に内容を話して聞かせる。
「面白い話だね。がんばってね」と言われた。

夜中、原稿を書き終え、外にアイコスを吸いにいって、ふと「あれ、明日なんかあったような…」と思い出す。
部屋に戻ってメールのやり取りを掘り返してみると、明日、チェアリングについてインタビューを受ける約束をしていたことを思い出す。
思い出してよかった!と思った瞬間、椅子のひじ掛け(金属でできている)がボキッと折れ、片側が何もなくなった。
でもまあまだ使えるか、と思う。

by chi-midoro | 2019-05-20 10:52 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-05-08

起きてみるとだいぶ、かなり風邪。
熱はないが喉が痛い。

一日静養のつもりで映画を見る。

上映中に見たいと思っていたのに結局見逃した、柴崎友香原作の「寝ても覚めても」。
なんとなく、この前みた「愛がなんだ」と似てるところがあったりするんじゃないか、繋がる部分があるのではと思ったけど、比べるとこっちのイルさが際立つ。
「愛がなんだ」は恋した相手に執着するあまり恋愛の一般的とされる形を超えていくような映画だったけど、「寝ても覚めても」はそういう、恋愛のレールみたいなのは最初から視界の外にある。主人公が、運命の人である「麦」と出会う場面も夢で見るような唐突さで、唐突で筋道が無いからこそ、「麦」は絶対に完全にこの人しかいない人で、周りの友人がアドバイスしてくるどんな理屈も届かない場所にある。「麦」とそっくりの「亮平」と付き合うようになり、なんか不思議なアート野郎みたいな「麦」と違って「亮平」は社会性のある優しい感じの人で、結婚して一緒に暮らそうかみたいになったところで、ふとまた「麦」に出会う。で、出会ってしまったらもう「亮平」の気持ちがどうとか関係なくどうしても「麦」を追いかけなければならない。その「どうしても」っていう感じが見てて怖いぐらいで、また、主人公を演じる「唐田えりか」という人がぼーっとしてるかと思いきやいきなりぶわっと感情が高ぶるような雰囲気で、小説を読んだ時もそうだったけど、後半はただ悪夢を見ているような気持ち。震災後に主人公と亮平がボランティアに行くシーンがあって、それもまたなんか唐突な感じで。

小説では、読んでいて、どこかからか現実か夢かわからなくなっていったような印象だったけど、映画だと、もうこれはそもそも全部夢なのかもと思った。そういう描かれ方、「麦」の出てくるシーンは全部なんか現実離れしている。「愛がなんだ」だったらそれを見終えた観客が「いやさー!あのあいつの考え方おかしくない?」とか言い合うのが想像できるけど、こっちはただ「なんだったんだろう」みたいに口をつぐむしかないような、それが面白い。

「音楽がtofubeatsだから」とハヤトさんがこの映画を見ようと思っていると言っていたけど見たんだろうか。どう思ったか気になる。

少し昼寝して、こっちも結局見れずに月日が経ってしまっていた「万引き家族」を見る。
すごい。継ぎ接ぎしてできあがったような共同体が、どう見ても幸せそうにしか見えない、愛ある家族のような時間を過ごす。でもその人たちを繋ぎ止めているものは万引きも含め、全部がバレたり、どこかから突っ込まれたら一瞬で終わってしまうようなもので、実際最後は共同体が崩壊してしまうのだが、例えばリリーフランキーと安藤サクラの二人なんか、愛嬌のある、人の気持ちが深くまでわかるような男女に見えるけど、実は過去に安藤サクラの元旦那を殺して死体を埋めて隠していたらしきことが最後の方にわかって、つまり、ある瞬間では、善悪の判断なんかぶっ飛ばして行動してしまう面もあって、なんの躊躇もなく車上荒らしをするために車のガラスを叩き割れる。

家族って何かね?っていうことも思う映画だけど、その前に、善悪ってなんなんだ?と思う。生きるためにどうしても悪事を働かなければならないとして、そこで行われる悪は悪なのか?もちろん、建前上は「生きるためにどうしても悪事を働かなければならない」なんてことが本当にあるんですか?あなたは悪を行わずに生きていける可能性を考え尽して、それでもやっぱり悪いことをするしかないと判断したのですか?って言えるだろう。同じような境遇でも真面目にやっている人はたくさんいるんです、と。でも自分の実感では、貧乏がある域を超えるといきなり身動きが取れなくなるもので、月収30万円なりの生き方とか20万円なりの生き方はあっても月収5万円だったら生き方も何もない、みたいな。そして、仕事なんかいきなり失う可能性があるんだし、そんな状況になったとき、悪事を働く勇気がないにしても、友人に金借りて返せないとか、そんぐらいの迷惑はかけるだろうし、さらに追い込まれたら知らんぷりして逃走しなきゃいけないかもしれない。それも悪だが、とりあえずそうでもしないと水面から顔を出して息が吸えないようなことはある。誰かを踏んづけないと浮かび上がれない。

で、なんとなく食べ物と雨風をしのげる場所さえあれば幸せな家族のような時間は存在し得る。でも悪事をベースにしている以上、いつ終わるかもしれない儚いもので…なんか当たり前のことになってきた。

ロケ地に西新井大師の「かどや」が出てきた。あの辺に暮らしている設定なんだろうか。

最後、正義を振りかざす刑事たちがめちゃくちゃ腹立つけど、それもまたそいつらの物差しで、それにも当然権利があって、とにかく世界には異なる尺度がごちゃっと存在するっていうことを思わせるようになっている。最後、リリーフランキーや安藤サクラや樹木希林の怖さが明らかになって行く段階でさっきまでいいやつらに見えていた人々が不気味に思え、それによって「貧困が悪なのだ!」っていうただストレートなメッセージにもならないようにしてあって、そういうところも絶妙だなと思う。

テレビでやんないかな、金曜ロードショーで。大勢の人が見て、色々それぞれ考えるといいような映画に思える。
とにかくこんな題材をちゃんとポップにも見れるように仕上げて、賞もとって話題も生むっていう是枝監督すごいなと思う。

by chi-midoro | 2019-05-20 10:44 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-05-07

終日在宅デー。
何もせず。
酒場放浪記の録画がたまりまくっているのを流しながら寝る。

昼は台湾製の袋麺。

なんだか風邪っぽい。
薬を飲んだらまた眠い。

中原昌也「虐殺ソングブックremix」を読む。
中原昌也の過去の文章をモチーフにしてたくさんの作家が短編を書く、という企画本。
町田康とOMSBの小説が面白かった。
でも、リミックスとはそういうものなのかもしれないけどどうしても元の中原昌也の文章が読みたくなる。
本の後半に原文が全部収録されていて、それが結局一番面白いと思った。
というか、どのリミックスも小説単体として面白かったとしてもあの笑いがない。
逆に中原昌也だけがなぜこんなに異常に笑えるのかということがどんどん不思議になってくる。
ただ俺が好きな方向性だというだけなのかな。

by chi-midoro | 2019-05-20 09:42 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-05-06

朝から不調。
今日で連休が終わりで、ボーイズがピクニックしたいと言うので、シート敷いて寝てればいいかと思って藤田邸まで行ってみることに。
「ジャパン」というスーパーで298円の弁当と発泡酒を買う。
ボーイズはおにぎり。

気持ちい気候。夜から雨になるというが信じられない。
ずっと横になって目を閉じ、たまに起きて発泡酒を少し飲む。
ボーイズがビニールのボールでキャッチボールしようというので起きあがってやる。
いい球を投げる時もあるが、何球かに一回、とんでもないすっぽ抜けた方向に球が飛んでいく、それを拾いに行くのがしんどい。

のんびりしていたらすぐ閉園の16時となり、帰宅。
親戚からもらった竹の子がありそれを使ってチンジャオロースを作る。
レシピ通りにやったので結構おいしくできたのだが、そこでまた絶不調となる。
食べてるボーイズらをしり目に布団敷いて横たわる。
時おり吐き気がしてトイレへ。
めちゃくちゃ辛い。

結局そのままずっと寝たり起きたりを繰り返し、深夜起きて遅れていた原稿だけ仕上げて送る。
すると今度は眠れなくなって(ずっと寝てたんだから当然だが)、だいぶ前に録画して見てなかった
「熊を崇め 熊を撃つ」というNHKのドキュメントや、宇多丸さんと民俗学者の畑中章宏が対談した番組を見たり。

明け方寝る。


by chi-midoro | 2019-05-07 12:39 | 脱力