人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ブラックニッカ日々 2019-06-15

金沢のトラックメイカー・tanakascatさんが大阪に来る、アーバンのママも関西に来ているらしい、と一緒に天満で飲もうと思ったのだが、自分の勘違いでtanakascatさんが来ると連絡がくれたのは来週の土曜のことだった。

それで、ママと天満で飲むことに。駅前で待ち合わせてそこら辺の居酒屋へ。
久々の酒。

マスターがけっこうグイグイ色々進めてくれる人で、「ポテトサラダびっくりするで」と言うので注文したら普通のポテトサラダに卵黄が乗っているものだった。確かに卵黄が乗ってるのは珍しいけど、でもまあ、びっくりはしないよな……。と思いつつ食べ、久々の酒。
テレビをみながら歓談。香港のデモ、政府が改正案を見送ることになったという。すごい。

もう一軒、と新多聞酒蔵で飲む。
ヤムウンセンとか色々オリエンタルつまみを食べる。旨し。

あっという間に家に戻らないといけない時間になり、帰宅。
戻るなり眠気が遅い、横になってすぐ眠る。

起きたらもう夕飯の時間。
スーパーに行って食材買って鍋。

by chi-midoro | 2019-06-30 17:34 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-06-14

パリッコさんと書籍に載せる用の対談。
楽しく終わる。

仕事する気起きず。
メルカリでいるのかいらないのか分からないもの購入。

昼は無限キャベツと台湾のビーフン。何度食べても不思議な味。

夕方になってようやく少し仕事。
夜は鍋。



by chi-midoro | 2019-06-30 16:15 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-06-13

昼、賞味期限切れスーパーで買った袋麺。
まだだいぶある。
言ったそばから大量生産食品ばかりで情けない。
まあ、変わった袋麺だからいいか。んなことねえか。

仕事する。
香港のニュースが入ってくる。
警察がボコボコにデモ隊を警棒で殴ったり、ゴム弾か催涙弾みたいなのを間近で顔を目がけてなんの躊躇もなく撃つような様子も動画でアップされている。
なんで20年ぐらい前まではこういうことを自分とは無縁の世界のこととしてスルーできていたんだろう。
バカだったからというものあるし、自分と外の世界が繋がっているという気もしてなかったのかも。
いや、今も何もしてないに等しいけど、ぼーっとしているとどんどん世界のバランスが崩れていきそうで、少なくとももう政治と無縁でいられないんだと思う。時代か年齢か、両方か。

とにかくいっぱい情報を集め、ビビッていなければならない気がしている。

天気がいい。

18時頃に家を出て心斎橋へ向かう。
今日はJerryPaperが心斎橋のコンパスというライブハウスでライブをして、それの対バンが千紗子と純太なのだ。

さっきまでひどい格好で家にいたのが、急に心斎橋のライブハウス。緊張する。
入ったところにいきなりさっさんが座っていて、「来ると思ってました!」といわれる。
ESVのmadoさんがいたりobocoさんがいたり、知った顔多し。
久々のビールを飲む。

千紗子と純太、初めて見るライブ。3回目のライブだという。
BIOMANはギター、トラックはgoatの日野さんが出していて、少しだけ変な電子音をリアルタイムで足しているっぽい。
MTGさんは途中何度か歌詞を間違えつつも、音源そのままのおおらかで色っぽくもある歌声で、やってることに反して終始恥ずかしそうな感じも含め、魅力的であった。それにしてもこのBIOMANの作った曲たち、どれもほんとすごい。
ポップであり、変で、軽く聞きに来た人も、変じゃないと納得しない人も、両方の人たちを黙らせるものだと思う。

JerryPaperは、以前、京都の梅湯で見た時と同じ、謎のワンピースを着て現れ、クネクネ踊りながら歌う。その動き、口下手そうな雰囲気、どれも最高。不気味な存在過ぎる。野暮と思いつつ「神がもたらした」みたいなことを言いたくなるような、神々しさ。
また、バックバンドの浮世離れした雰囲気。そこら辺のやつを集めただけみたいな(もちろん、みんなそんなことなく上手なんだが、風情が)感じ、みんな格好もバラバラで、ノリノリなわけでもなく、最高だ。

どの曲もパッと、終わる。こんぐらい長くなきゃ、とか、後半にもう一回盛り上がりを作らなきゃとか、そんなどうでもいい決まりは最初からなくて、ただ気持ちいいだけでいいよっていう感じがする。

そして千紗子と純太とJerryPaperを続けてみていて、こういう、素晴らしいけど少しわかりにくい魅力を持ったものを、ちゃんと野暮にでも他人に説明するダサい存在が必要だと強く思った。それが自分だというわけじゃないけど、「わかるやつにわかればいい」っていう良いものが、本当にそのまま、少しの人にしか理解されず、その結果、資金も集まらずに消えていく。

クールな顔して自分だけわかってればいいやって思わないで、スピーカーになって伝えないと、どんどんこういう良さにとって不利な世界になっていくような。

シカクなんかは、みんなが「これのここが最高なんですわ!」と、それがもしかしたらイナタいと思う人もいるかもしれない(現にグーグルでシカクを検索すると「中津時代の方が尖っててよかった」みたいなコメントが出てくるそうだ)けど、ちゃんと過剰なほど説明しているからいい。ZINEのことなんか少しも知らない人にも分かるように伝えようとする姿勢がある。

「説明なし!ただ感じろ!」っていうのはカッコいいけど、誰か、間に入る人がダサい役を買って出ないといけないんだと思って急にアツくなってきた。

ライブ後、JerryPaperの新譜を買ってサインをもらう。

今日はHOPKENでいこさん、ひなこさんの蟹姉妹がイベントをやっていて、あとちょっとで店を閉めるというHOPKENに最後に行ける機会かもと思って行くことに。さっさんも誘い一緒に行く。

HOPKENでも生ビールを2杯飲んで、いこさんたちの美味しい料理をたくさんいただく。旨し。
テツヲさんも来ている。グッゲンハイム邸で会ったSSKさんも。
スギモトさんにも挨拶して、2階でコンピューマのMIXCDと本を買う。

途中でヤマコさんがふらっと現れ、三人で乾杯。
そうこうしていたら、さっきのまでライブをしていたJerryPaper一行が打ち上げしに来た。
BIOMANやMTGさんとも少し話せてよかった。

さっさんの勢いを借り、JerryPaperと写真撮ってもらう。
23時頃まで飲み、HOPKEN前で記念撮影。コンビニで最後の1缶を飲んで解散。

HOPKEN無くなるのも寂しいな。
なんでこういう場所にお金がちゃんと集まらないのか。
まあ自分も全然言えることではないのだが。

やっぱりもっと伝えようとしないといけないな。

by chi-midoro | 2019-06-30 16:12 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-06-12

体重計に乗ってみて驚く。
全然体重減ってない。
引き続き厳しい姿勢でのぞむしかない。

昼は沖縄で買ったもずくスープと、玉ねぎみじん切りスープのWスープに茹でもやし。

仕事する。
なんだか頭がクラクラする。粗食だからか。

香港で大規模なデモ。
香港での逮捕者を中国に連行していいという「逃亡犯条例」の改正に反対するデモだという。
要するに中国が香港をこれまでより強いコントロール下におこうとしていて、自由が奪われることを危惧する人たちが集まっているのだ。
それがツイッターで流れてきた画像や動画を見るにとんでもない数。
しかもほぼ休みなく長時間に渡って人がいて、政府に圧をかけている。
衝突もおきているようで怖いけど、すげえ……と言葉を飲んで色々情報を集めてみる。

by chi-midoro | 2019-06-30 15:41 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-06-11

午前中、パリッコさんと仕事用の対談。
滞りなく終わる。

なんだか体が重いと思って体重計に乗ったらだいぶ増えている。
今日は昼ご飯を抜こうと思い、炭酸水をとにかく飲む。

沖縄の古着屋でアロハシャツを見たからか(結局その時は何も買わなかった)、陽気な柄のシャツが欲しい。
でもああいうのってサイズとかよくわかんないから通販じゃなく、実際に見るのが一番と思い、心斎橋に行く。
色々見るうちにどんどん何がよくて何がダサいんだかわからなくなってきて、結局何も買わず。
ふと入ったH&Mの、なんかすごい勢いだけみたいな柄の服がやけによく思えてきて、買いそうになったけどとりあえずやめておく。
初めて入ったH&M。適当さがちょっといい。

空腹過ぎて苦しい。
夕方になって、スーパーで「無限キャベツの素」とキャベツ買って山盛り食べる。

「フードインク」というノンフィクション映画を見る。
大量生産される食品の話。
生き物への冒涜みたいな環境で育てられるチキンや、無理矢理エサを食わされ太らされる牛。
めちゃくちゃ巨大な農場で画一的に生産される農作物とか、そうだよな、こういうことの果ての激安牛丼だったりするんだよな、と、わかっていたつもりでも、やはり映像でみると辛い。

こんなのインスタント食品なんかもっとひどいだろうな。やりたい放題。
安いから食ってしまう。味覚のツボをダイレクトにおされるような旨さがあるし。

作品の中で、アメリカのスーパーで売られている食品のシェアはほぼ、4つぐらいの会社が占めているみたいな話が出てくる。
正確な数は違ったかも。
しかし、その感じはわかる。
日本でもコンビニはもうファミマかセブンかローソンだし、スーパーはイオンかライフかって感じだ。もちろんローカルなものが他にもあるけど、メインはそうで、そのシェアの大きさは圧倒的だろう。

となると、例えば、セブンイレブンがある食品メーカーの商品をなんらかの理由で扱わないことを決めたとすると、その拒絶されたメーカーはいきなり販路の大部分を失うことになる。当たり前のことなんだろうけど、つまり、シェアが狭いところに集中すると、国や世界を覆うような大きな判断もまたそこに集中して委ねられることになる。

どう考えてもそれは怖いことで、その巨大企業に逆らう中小の業者は一瞬で世界からシャットアウトされてしまったり、そういうことが簡単に起きるから、常に機嫌を伺い、相手の強引なルールも飲むしかないような奴隷根性で対応していかなきゃならないわけだ。

だからやっぱり、っていう極論にいきなり飛ぶのは自分がバカな証拠だろうけど、権力は一か所に集中してはいけないんだと思う。これは原則として。
そんなことないのかな、一か所に集中させた方が大きなことを成せるのか?(それって大阪の維新の会が言ってるのと同じだ)

少なくとも自分は、分散してる世界、色々ある世界が好きでそれを望んでる。その方が自分のよう人間の居場所もあるだろうからだ。
そう思ったら、大きなものにできるだけ加担しないようにしなきゃいけないんだ。
チェーン店でばっか食事して、コンビニでばっか買い物してることも、それに加担してることになるのだ。
目を背けてきたがやっぱりそうだとしか思えない。

と言いながら、コンビニで最も安い食物を買い、安くてみんな使ってるものを買ってしまう。
まあそれをゼロにしろと自分に命じるのはやめよう、そんな意志の強い人間じゃないから。
だけど、もし選択肢が二つあるなら、大きなものに加担しないで済む方を取る回数を増やしていこうと思う。

by chi-midoro | 2019-06-30 15:35 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-06-10

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by chi-midoro | 2019-06-30 15:16 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-06-09

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by chi-midoro | 2019-06-30 15:10 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-06-08

仕事。
この前、沖縄で取材したDIYペンションのオーナー・大浜安十さんのお父さんが、大浜安伴っていう、八重山民謡を初めて譜面化して勲章をもらったような人だそうで、その人の歌が聞いてみたいと思ってアマゾンで買った。
コンピに1曲入ってるだけなのだが。
それを聞きながら、ずっと前に買って食べてなかった乾麺の沖縄そばを煮て食べる。
インスタント沖縄。

今日はデイリーポータルZの林さんと十三で飲もうという話になっていて、緊張しつつ行く。
林さんと二人でお話しさせていただいた機会はこれまでになく、うまくしゃべれるだろうかと不安になってきて、みゆきさんにも来ませんかと声をかけてみたけど、仕事が遅くなりそうだとのこと。

で、18時過ぎに十三駅前で待ち合わせ、最終の新幹線で帰らなきゃいけないという林さんと二人で飲んだのだが、結果的には、そんなに緊張しなかった。
林さんがおおらかというか、全然緊張感を与えるような人じゃないおかげだろう。
最初は十三屋の立ち飲みカウンターで。

最近酒を飲んでない話をしながら、もちろん今日は飲む。
林さんもずっとγGTPの数値が高いそうで、でも変わらず飲んでいるという。
これだけ飲んでおけ、という、おすすめのサプリを教えてもらう。
「two per day」というのと「シリマリン」というの。絶対買おう。

そこでしばらく飲み、「玉の家」という大衆酒場へ移動。
こっちは座り席。
何を話しただろう。林さんがこの前書いていた、インターネットみててドメインが切れてると昔よく表示されていた金髪女性の、その写真が撮られた場所に行って写真を撮ってきた話とか、自分が20代前半の頃、一回、林さんに会ったことがある話、居酒屋に貼ってあった川柳の話、大阪のこと。「岸政彦さんと今度飲みましょう!」みたいなすごい話も、酔った勢いでしたような気がする。林さんが仲良しらしい。

新大阪駅までの時間を逆算し、林さんを駅まで送る。
ラーメン大食べて帰るかーと思って、そういえばこんなところに新しいラーメン屋できたんだなと思った、その店が、以前ラーメン大だった店じゃないか。
まあ、いつ行ってもそんなにお客さんいなかったし、そうだよな…。
落胆し、東京に帰りたくなる。


by chi-midoro | 2019-06-30 14:51 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-06-07

朝から雨。
この前東京に行った時に大雨で靴がずぶ濡れになって嫌だったので、大阪に戻ってすぐ長靴を買った。
北海道小樽の「ミツウマ」という老舗長靴メーカーの。
それを履いていく。27cmを買ったんだけど少しでかい。

出る直前になんか嫌な予感がした。
自分が前に人間ドックを受診したのは淀屋橋で、今からそこへ行こうとしていたのだが、それは病院の中の「健診センター」みたいな一施設で、本院は今里にあるらしい。ひょっとして今から行かなきゃいけないのはそっちなんじゃないのか?
電話して確認してみるとやはりそうで、淀屋橋に時間までにたどり着こうと逆算していたタイミングでは間に合わないことがわかる。
焦ったが、まあせいぜい15分から20分の遅れだ。でもあれか、検査はちゃんと時間までにいかないと受け付けてくれなかったりするかも、とか色々思いながら行く。

また、今里駅から病院までちょっと距離があり、吐き慣れない長靴で小走りで行く。
病院は、この前のピカピカした健診センターとは打って変わって渋い色味の年季の入った建物。
雨だし再検査だしと憂鬱な気持ちで待合室で待ち、しばらくして呼ばれる。

結果を見たらしき先生が、「お酒もよく飲まれるそうですし、まあ、お酒でしょうね」と言う。
「そうなんです。お酒をよく飲むので」
「γ-GTPはそれで上がっていると見ていいでしょう。お酒を飲むと高くなる数値ですから」
「そうですよね。前も結構高かったんですよ」
「まあ、お酒を控える、飲まない日を作ることですね」
「はい」
「このままのペースで飲み続けると10年後には肝硬変になったりもするかもしれません」
「なるほど」
「まあ、そうですね。とにかく休肝日を作ることです」
「そうします。今ももう控えてはいるんです」
「はい。まあ、とにかく、今回はこれだけになります」
「あ、検査とかはいいんですか?」
「まあ、また経過を見てですね」
「1ヶ月後ぐらいにまた検査をするといいんでしょうか?」
「いや、1年後でいいでしょう」
「あ、そうなんですか?」
「今回上がっているのはγ-GTPだけで、その他の数値も一緒に上がっているわけではないですから」
「なるほど、わかりました、ありがとうございます」
と、病室を出た。
再検査のつもりだったのが拍子抜けした。
会計は320円だ。
雨の中来たのになんか損したような不思議な気分。

病院を出てしばらくすると雨が小降りになり、気持ちも軽くなったし、酒買って飲もうかと思うが、まあ無理に飲むことないかと思い直してやめる。

ひなびた商店街を適当に歩いていくと、もう布施に近いらしかった。
なるほど確かに前にヤマコさんに教わっていった屋台のおでん屋が出る銀行のあたりに出た。
高井田ラーメンを出す店があったのを思い出す。
「住吉」という店。そこでラーメンを食べる。麺が太くて旨い。

そのまま布施駅から帰ることにする。
100円ショップがあったので長靴に入れる中敷きを買う。
これでブカブカしないのでは。

家に戻って仕事。
再検査がなかったことをメテオさんやみゆきさんや母にLINEすると、みんな「ほんとに!?なーんだ」というようなリアクションで、まあでもとにかくしばらく飲まなくていい日は飲まないでみようと思う。

by chi-midoro | 2019-06-24 01:40 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-06-06

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by chi-midoro | 2019-06-24 01:14 | 脱力