人気ブログランキング |

<   2019年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ブラックニッカ日々 2019-09-01

ごろごろして昼頃起きる。
上のボーイが「天気の子」を見たいというので一緒に行く。
上映時間ギリギリに到着し、ポップコーンは行列できてて買えず。めっちゃ悔しい。

映画は、なんというか、やっぱりこの新海誠の映画は「セカイ系」という感じで、僕たちが世界を救うとか、世界中を敵にまわしても君を守る!みたいな、まるで自分たちがいなくなったら世界もなくなってしまうかのような、なんか痛々しいシンガーの歌詞みたいな感じでそれが自分は嫌で、今回なんかもう、自分たちの判断によって東京が水没するっていうぐらい自分たちが世界に対して強い影響力を持っている設定で、その設定からしてうーんと思う。

都合がいいというか、主人公は底抜けにピュアで(だが、女の人の胸が気になったり、いわゆる普通らしい性欲を持っているらしい表現が何度もある)、真っ直ぐなやつで、自分のしていることにした対しての迷いや葛藤があるようでもない。とにかく、彼女を守りたい、そして目の前に立ちはだかるものに体当たりをしてどかす、走る走る!いっけぇぇぇぇぇーー!!!みたいな。デカい声を出す。そのエモい声が俺はもう怖い。

雨の表現とか、めちゃくちゃ凝ったんだろうなという部分はあるのだが、それもまあ、キングコング西野の絵を見ているような気持ちというか。

みてて退屈ということはなく、まったく眠くならないのだが、それは心の中でたえず「なんだよこのシーン!」みたいに思い続けているからかもしれなかった。

つうかこうやって、新宿とか池袋のラブホ街とかをあそこまで完全にリアルに描写しておきながら「あくまでこれはフィクションですよ」っていう、逃げるところは逃げる感じ、例えば主人公が山手線の線路を結構な距離にわたって走って彼女を救いにいくところは一切の邪魔が現れないし、彼女が天気を操る力を授かったビルの屋上の神社に主人公が行くと、すんなり彼女がいる「向こうの世界」に行けてしまうところとか、「いや、そこはそういうもんなんですよ」という感じもなんかご都合主義的な気がした。そのくせ、リアルな世界を徹底的に借りてるというか。

「あの水没した町で死んだ人はいないんだろうか、そんなところが描かれてなさ過ぎるんじゃないか」「あーでももう先に避難してたんじゃない」みたいな話をしながら帰る。

桜ノ宮駅に着くと、空は晴れているのに雨がパラパラ降ってきて「うおー!まさになんか天気の子って感じだな」と、そこは結構はしゃいでしまった。

カップ麺買って帰って食べてあとはずっと仕事。
夜もまたインスタント麺。野菜食べたい。

その後もずっと仕事。

by chi-midoro | 2019-10-28 11:11 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-08-31

今日ダーヨシさん企画のイベント「パリ、手賀沼、吉田寮〜パスフェス〜」が京大・吉田寮であって、そこでハナイさんとチミドロDJsとして出ることになっている。

ハナイさんは朝早くから現地に向かっているようだ。
自分は寝たり起きたりして11時頃ようやく出る。
吉田寮、行ったことないけど京阪の神宮丸太町駅から歩いていけるようだ。

何か食べてから現場に行きたい。
ラーメン食べたい。と思って近くのラーメン屋を検索したら「葵」という店が美味しいらしかった。
なのでそこを目指して歩いていったら、ここは前に来たことがある!と気づいた。
そしてそこは臨時休業中で、そこでラーメンを食べた時に「ここもうまそう!」と気になっていた、
「十番」という町中華っぽい店があったのも同時に思い出し、そっちに行ってみると開いている。

常連さんが一人、何を食べるでもなくテレビを見ていた。
そこでラーメンを食べる。シンプルだけど旨い。
こうやってまたいつかふとした拍子に来れることもあるんだなーと感慨深い。

吉田寮に向かって歩く。暑い。
建物に近づいていくとはやとさんがいて、ハナイさんがいて、とりあえず近くのコンビニに酒を買いに行く。

今日のハナイさんと俺の役目は転換DJで、かなりちょこちょことずっと出番がある。
なので、基本、ずっともと食堂だったというライブハウス的なスペースの中にいることに。
あいどんさんがお手伝いをしていた。
PAの方もみんないい人。吉田寮を守る有志、という感じのする人たちだった。

ヤスエさんのライブ、全曲良い。
g.a.gのライブもすごかった。セキさんは相変わらずずっと面白いことをやっているな。
Coffにumanecoにどついたるねんに、こんな最初から最後まで、一瞬も外に出ずにライブをずっと見たのも久々で、音楽って色々あって面白いな、と当たり前のことを今さら思った。終始ほんわかした雰囲気でよかった。

ダーヨシさんの無茶ぶりなのか、途中にフリースタイルコーナーが突然あって、DOTAMAやプラズマといった面々の中にハナイさんも混じっていて、残り少なくなったスマホの充電の最後のギリギリでその模様を動画に収め、メテオさんたちにLINEで直送。

遊佐春菜さんや大橋裕之さんともちらっとしゃべってドキドキした。

イベント終演後、のののさんRYUKIさんとデス山さんと鴨川沿いで一缶飲んでしゃべる。
川沿いでこうやってたまれるのが最高。

ハナイさんと慌てて終電に飛び乗り京橋で下車。
ラーメン食べて一杯飲んでだらだら歩いて帰る。

by chi-midoro | 2019-10-28 10:52 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-08-30

午前中、ゴクマさんのところに髪を切ってもらいにいく。
さっぱりした。最近は2ヶ月ぐらいで切ってもらわないとうざくてたまんなくなってきた。
家で台湾のビーフン食べて昼食とする。
TohjiっていうラッパーのPVとかライブとかばっかり見る。
なんか不気味で痛々しいような、でもメロディアスで心に残る。

ハナイさんが明日の京都・吉田寮のイベントで一緒にDJをするために今日から来阪してくれることになっており、梅田で待ち合わせ。
合流するなりせっかく大阪来たのにまず神戸へ移動。
神戸駅から歩いて中畑商店へ。
1杯サッと飲んで新開地へ歩く。
この辺りの景色を見ておいてもらいたかった。
今後の話も早い(あの新開地らへんの感じに近いんですよねー!とか言える)と思い。

平民金子さんに声をかけたのだが、忙しいであろう中、行くわーと言ってくれて、で、なんとなく「冨月」で飲むのはどうだろうかと考えていたら、「冨月でどう?」みたいに連絡が来て奇遇!と思う。

ハナイさんと先に着いてサンドイッチの具をつまみつつ飲む。
しばらくして平民金子さんが来て、いつも通り、静かに話す。
ハナイさんも平民金子さんが好きで敬愛しているそうだったのでよかった。

2杯ぐらい飲んで、もう大阪に戻らなければならない時間に。
新開地駅から阪神で千鳥橋に向かってシカクに寄ろうと思っていたのだが、その時間はなさそうで、西九条まで行くことにして、そこでみゆきさんと合流して環状線で京橋へ。

岡室酒店の外席で立って飲む。
京橋でヤマコさん、はやとさんも来て一緒に飲むことになっていて、徐々に集まってくる。
さらにラミーさんがちょっと立ち寄ってくれたり、ガキさんが仕事帰りに来てくれたりと賑やか。

その後、明ごころのテーブル席でもう少し飲んで解散。
ハナイさんも関西ハシゴ酒を楽しんでくれたようで何よりであった。

by chi-midoro | 2019-10-28 10:35 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-08-29

仕事する。
まだ午前中なのに窓の外から暴走族のバイク音がけたたましい。
と、思ったら芝刈り機の音だった。似てる。

川崎のBADHOPを特集したテレビをYoutubeで見る。
扇島公園のあたりのあの何もない感じを思い浮かべながら見る。

昼、インドネシア産の袋麺。
文字起こし作業頑張る。

録画していたNHKの「“ヒロシマの声”がきこえますか ~生まれ変わった原爆資料館」っていうドキュメントを見る。
蝋人形を使ったとにかくおどろおどろしい感じの展示をやめ、原爆で亡くなった人の一人一人の人生が感じられるような展示にリニューアルしたんだという。また見に行かなくては。

被爆経験者が高齢化してどんどん減っていっているという話もでてきて、それを聞きながら、人間は記憶したことを自分が生きている限り、未来まで持って運ぶことができる。それを他の誰かに伝えることができる。そのために生きているのかもしれないと思った。
記憶や思考を先まで届けるというか。


by chi-midoro | 2019-10-28 10:21 | 脱力