ブラックニッカ日々 2016-7-1

アンパンマンの歌にまったくオリジナルの振り付けをつける夢をみた。

最近朝起きた時のじんましんがひどい。なぜだか分からない。
踏んだり蹴ったりである。

録画してあった「松本家の休日」を見たらラーメン特集で、ラーメン欲が刺激された。なので近所のスーパーで袋めんと「凛」の720mlボトルを買う。

引き続きいましろたかし読み返し期。今日は「デメキング」を読んだ。ストーリーは取っ散らかっていて、巻末で本人が話してる通りどう贔屓目にみても失敗してるのだが、物語と関係のない細部が面白い。「なんでわざわざこのあまり必要とも思えない場面に数ページも使っているのだろう」みたいなところが。最近の作品と違って背景の書き込みも細かくて、前半の瀬戸内の町を描いてるところに力の抜ける田舎の空気感が溢れかえっていて良い。ちなみに俺のこの「デメキング」はサイン入りで、「2009年3月16日 渋谷」と日付がついている。緊張して話しかけたいましろさんは物腰の柔らかい方だった。懐かしい。

図書館から予約していた本が届いたと連絡あり。
受け取りついでに近所の中華屋でまた味噌ラーメン。今日は天気が良く、気温が上がって暑くて仕方ない。

コンビニで銀行のカードの残高照会するも入金なし。家に帰って確認してみたら7月末入金の間違いだった。
まったく生活できない収入。生きてるだけで赤字。

ついに追い詰められた。
しかしこうなることがずっと前からわかっていたような気もする。

今週ずっと書けてなかった原稿をようやく書く。
眠れなかったのでYoutubeのラジオ聴きながら麻雀ゲームして過ごした。

# by chi-midoro | 2016-07-02 01:51 | 脱力

ブラックニッカ日々 2016-6-30

もうだめだ。「死に方 楽」とかで検索してもうさっさと消え去りたいと思いつつ起き出す。

朝からブラックニッカを飲んでは眠る、を繰り返す。

昼頃、先日取材に行ったドムドムハンバーガーの水無瀬店へ仮の原稿を確認してもらうべく電車に乗る。
桜ノ宮から水無瀬が徒歩圏内の島本までおおよそ50分ぐらいかかる。
車窓から見える景色はかなり田舎っぽくなってきて、田んぼが目立つ。こういう風景の中に溶けてしまえればと思いながらぼーっと電車に揺られる。
駅についてあ!と思ったのだが、財布をリュックに入れ忘れてきた。ICカードのチャージ残高は60円ほど。
桜ノ宮から島本までは460円かかる。

駅員さんに「あの、どうしたらいいですか?」と、今考えたら「知るかよ!」という質問を投げかける。
駅員さんによれば、ここから桜ノ宮まで引き返し、財布をとってきて往復料金を支払えばそれで良いとのこと。
往復料金を払うからにはここで一度外へ出てもいいわけである。
なので、30分の猶予をもらい、水無瀬駅前のドムドムまで歩いて原稿を渡してすぐ引き返す。
一応任務は完了。

桜ノ宮まで引き返して財布とって往復料金を精算。これでやっと真人間だ。

水無瀬から阪急にのってシカクのある中津へいくつもりだったのだが仕方ない。もううんざり。
ドムドムの店長から電話があり、「原稿確認しました何点か修正を」となって、「今度からはファックスでいいのでー」と言われる。
ファックスあったんだな。つまり今日のあれこれ全てが虚無。

遅めのシカク出勤となりへろへろ状態で発送作業を進める。
今日はお客さんがひっきりなしにやってきて忙しかった。

帰り、どうしてもこのまま帰りたくなくて飲みに行く。
初めて入る天満の「もりもり」という居酒屋。先客はおらず、入るといきなりお店のお母さんがかかっていたCDを止めにきたが、それがゆらゆら帝国のCDだった。

聞いてみると「どうしてだか、好きなんです。変態かなと思って不安になるけど」というので「僕も好きですよ!」と言って続けてもらう。

割烹着のお母さんがつくる抜群にうまくて安いお通しを食べながら、「できない」とかを聴くのは最高だった。

話をしているうちに少し元気が出てきた。23時ごろ帰る。

6月終わりかもう。

# by chi-midoro | 2016-07-01 00:26 | 脱力

ブラックニッカ日々 2016-6-29

夢から覚めた。

おそるおそるパソコンを開いて昨日までに来ていた仕事メールを確認。
修正等がんばる。

少し眠る。

録画がたまっていたお笑い番組をみてへらへら笑ってカップ麺食べた。

最近また読み返したい欲が高まっているいましろたかしの「盆堀さん」を再読。これはやはり相当な名作だ。歳とっていくこと、色々なことが全然思うようにならないこと、でも何かくすぶるものはあり、「どうでもええわ」と吐き捨てつつダラダラ生きていく感。盆堀さんが50代ぐらいの女性を見て「おっマブい…」と心の中でつぶやくシーンが最高だ。

部屋の電気が切れ、電球を買いに夕方、小雨の町を自転車で走っていて言いようのないなんかどんよりとした気持ちになって立ち止まった。
思わずスーパーで発泡酒買う。

なんか良いことあるまでやり過ごすしかない。

酒場人のイベントが終わってしばらくは大きな催しもないので今はひたすら隠遁したい。

# by chi-midoro | 2016-06-29 23:31 | 脱力

ブラックニッカ日々 2016-6-28

11時半ごろ天満の但馬屋で酒場人遠征組と合流。

電車で新今宮へ移動し、西成の難波屋へ。
5人での移動なのでお店に入れるかとか、入れたとしてみんなに楽しんでもらえるか不安だったが、なんとかなったみたいでよかった。

そういえばこのタイミングなら「たつ屋」がある!と思いつき、タイミングよく席もあいていたので行くことに。
スケラッコさんも合流。みんなで鍋をつつく。うめえ。

天王寺に一駅移動して「種よし」へ。
だいぶ酔っていて覚えてないが相変わらず強烈な店で素晴らしい。

安田さん、ラズ先生が帰り、残ったメンツで谷六の「スタンドそのだ」へ。
ちょうどフルトノさんも来ていて楽しい。

酔っぱらって解散。明日から寂しい

# by chi-midoro | 2016-06-29 04:50 | 脱力

ブラックニッカ日々 2016-6-27

朝目が覚めたらパリッコさんからLINEが来ていて、もう天満に向かっているという、
朝9時半過ぎである。

急いで支度して歩いて天満へ。通販で買ってたシャンプーハッツのTシャツがちょうど届いたので着てきた。

天満の但馬屋でパリッコさん、るこさんと合流し、そこにyamacotさん、安田理央さんが徐々に集まってくる。
まだ午前中である。

お店のお姉さんが今日は笑顔で、実は彼女が名物・キムチ天の発案者だと知る。
裏メニューのとんぺい焼きチーズ入りも出してくれてこれも美味しかった。
いつきても開放感があり落ち着く店だ。

商店街の服屋で390円の緑の短パンをなぜか買う。衝動的に。

天満酒蔵へハシゴしてそこにラズウェル細木先生が来る。
みんなの話を聞いているだけで楽しい。贅沢なひととき。

環状線で大阪に向かい駅前ビルを散策。
せっかくだし一杯やっていこうとミルクホールで立ち飲み。
自分の酒メーターがすでにフルに近く、へろへろに。

ホテルへチェックインするみんなと別れ、yamacotさんとなんばに移動して信濃そばでカレーうどんを食べる。
うめえ。俺にパワーをくれ、カレーうどん。

どうにも横にならないことにはダメだと思い、この前行ったビデオBOXにまた行く。
30分350円のコースで部屋に入るなり眠る。30分弱の眠りだったが少し回復した。

ロフトプラスワンウエストに入って座って休んでいると徐々に元気になってきた。
久々に会う金原みわさんや原田ちあきさんとみんなでしゃべっていたら出番の時間だ。

パリッコさんと二人で酒場人の話、シカク巴さんにも出てもらった。
金原みわさんの珍酒場スライド、原田ちあきさんの即興タロット、安田さんとラズ先生のうなぎトークなど、どれもそれぞれ独特の味わいがあり、横で普通に楽しみながらうんうんうなづいていた。

あっという間に終わりの時間となり、来てくれていた友達や初めて会う方と話す。
香山哲さんに「司会いい感じでしたよ」と言ってもらってホッとした。
体操さんやyamacotさんにも励まされた。

ロフトの宮武さんが教えてくれたすぐ近くの「ひょうろく」という店で打ち上げをし、0時半ごろ解散。シカクの二人と一緒にタクシーで中津まで向かい、雨も小降りになってきていたので歩いて帰る。

イベントのことを細かく振り返ると自分のダメさにへこみそうなので何も考えずに歩く。でも楽しかった。パリッコさんのおかげでいい経験をさせてもらえた。

エゴサーチしてシャワー浴びて寝る。

# by chi-midoro | 2016-06-28 02:08 | 脱力