人気ブログランキング |

ブラックニッカ日々 2016-6-4

昨晩AKBの映画を見てから寝たので明け方近くなって、必然的に昼過ぎまで寝ていた。

昨日に引き続いて胃腸がおかしくトイレこもりっぱなし状態だったのだが力仕事の用があり、重い鉄を運んだりした。

で、その「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」という映画は、10分間でギブアップということもなく飽きずに見ることができたのだった。

が、なんかやっぱ俺は好きになれなかった。ライブの舞台裏はとにかくエモーショナルで、みんな泣いたり過呼吸でゼェゼェいって倒れたりしてすごいのだが、これってなんか、何人かの人を器に入れて圧力をギュウギュウかけていったらそれぞれが激しく運動し出してぶつかり合ったりくっついたりするみたいな、検証実験の結果の運動みたいな気がして、マンガのGANTZとかを読んでる時のような、面白いんだけど、空虚すぎてやり切れないみたいな気分になった。

この映画に対して「まるで戦争映画のようだ」、という評があったそうなのだが、確かにそんな感じで、でも戦場の極限状態だからこそすごいドラマが生まれるからといって、それでも戦争みたいな状況はバカらしいのではないかという気持ちがした。

アイドルたちに罪はないし、全力でやっているし、それで元気をもらっている人もいる!という声の前にはなかなか返す言葉がないのだが、AKBのシステム自体が不健康なんじゃないかと思った。マッチポンプというか…うまく言えないけど。無理矢理設定したハードな目標に、プレッシャーをかけられて急き立てられて向かっていく、するとあら不思議感動が生まれる。あと、あのとってつけたような震災のパートはなんなんだろう。いっそもっとバビロンに徹してくれたほうがうげーと思えていい。ふがいないライブをしたメンバーに秋元康が恫喝するところがあって、そこは本当に気分が悪くなったのだが、ああいうところばっかりだったらバッドテイスト映画として別の面白さがあったかもしれない。

と言いつつ、映画をみてるとやっぱキャラが立ってる人が何人かいて、めちゃナイーブな前田敦子とか、完全にヤンキー魂な高橋みなみとか、2枚目キャラを進んで演じる指原莉乃とか、なんかやっぱ目立つ人が何人かいた。そういう構成にしてあるだけかもしれないけど。これを見た上でテレビに出てるAKBを見たら違った見え方になるのかもしれない。が、この頃のメンバーはもうみんないないのだろうか。

改めて「エモーショナル」とはなんなのか、少なくとも俺は過剰なエモーショナルが怖く感じる、と思わされた映画であった。

夕方、近所の酒屋に「凛」720mlボトルを買いに行く。

雨が降って来た。19時ごろ家を出て地下鉄で堀江へ。団地を研究されているけんちんさんと給水塔を研究されているUCさんにお話を聞きに行く。二人とも研究の深さが尋常じゃないので何を聞いても答えてくれる。二人とも同じ団地に住んでるのだとか。団地愛の深さよ。給水塔には「まち針型」「円盤型」「ボックス型」「逆さバット型」「とっくり型」などの分類があるそうです。次回さらにじっくりお話を聞く約束をして店を出る。

電車の移動中、水木しげるの「ほんまにオレはアホやろか」の続きを読む。後半になっても水木先生の紙芝居やマンガが売れる気配はなくひたすら金策の話。出版する方も書く方もとにかく金がなくて逃げ回ったり追いかけたりしている。すごい面白い。

雨もそれほど強くないので堀江から南森町へ出て終了間際の「The 光」のイベントをのぞく。シカクに「ゆうとぴあグラス」という同人誌を置いてくれている黒木さんに会ってお話しできてよかった。詩人の辺口さんにも久々に会う。先ほどまで優雅なDJをしていたBIOMANさんと少し話したら自分の書いた「大阪にタンメンがない」っていう記事を読んでくれたそうで、タンメンに馴染みがないからお笑いの次長課長の河本の「お前に食わせるタンメンはねえ」っていうギャグがいまいちピンときてなかったと言っていた。

家まで30分ほど歩いて帰る。

# by chi-midoro | 2016-06-05 08:05 | 脱力

ブラックニッカ日々 2016-6-3

昨夜ウイスキーを飲み過ぎた感があり朝から具合が悪い。

テレビを見ながら眠ったり起きたりを繰り返しサッポロ一番みそラーメンに余りもの野菜を投入して食べる。

少し遅刻してシカクへ出勤。
シアトルから来たという日系アメリカ人の女性が本を色々買ってくれたのだが、その人が「良かったら配って」と置いていった新聞みたいな体裁のフリーペーパーがすごいかっこよかった。シアトルにはイラストレーターたちの集うシーン的な場があるらしく、そこの友達同士で作ったものらしい。

作業をしていて途中からぐんぐん具合が悪くなった。昼の野菜が傷んでいたのだろうか。

金曜の夜ぐらいパーッとやりたいと思っていたが、帰りの発泡酒すら飲む気が起きぬままよれよれで帰る。

録画してあるテレビももう見ちゃったしなと思い、帰り道のゲオで映画を借りることにした。
しかし棚を見ても自分の今の低空飛行気分にぴったりくるものがまったく見つからず、謎の勢いでAKB48のドキュメント映画を借りることにした。色々な人が面白いと書いていたのは目にしていたが、もしかしたら10分ぐらいしか見れないかもしれない。

少し前に書いていた「メシ通」の記事が公開されて、色々な人がリツイートしてくださったりして、読んでくれている人がいると思って元気が出た。

また、久しぶりに友達から電話がきて、もしかしたら仕事をまわせるかもしれないとのこと。思い出してくれるだけでもありがたいことです。会社やめて以来、仕事をもらえることのありがたさと言ったらない。

パリッコさんに呼んでもらった「酒場人」のイベントがだんだん近づいてきて、それ自体もそうだが、その前後の飲みも含め楽しみになってきた。とりあえずそこまでは頑張ろう。

# by chi-midoro | 2016-06-03 22:52 | 脱力

ブラックニッカ日々 2016-6-2

昨夜はどうしても眠れなくて一度入った布団から出て起き出し、気づいたら床で寝ていた。
そんなこともある。

天気が良い。

旅行に行った時のことを思い返す時に、名所みたいなところでテンションが上がった場面より、時間を持て余してそこら辺をウロウロしていた記憶ばかりが残るのが前から不思議だった。

さっきふと気づいたのだが、自分は「時間味わいたがり」なのかもしれない。

古い居酒屋とか食堂に行くのも空間全体に時間の積み重なりが溢れまくっているのが好きだからだし、パリッコさんと二人で川でぼーっと飲んだりするのも結局は時間の流れをじっくり感じているような気分が好きでそうしているのかもしれない。昼から公園にレジャーシートを持っていって寝転がっているのも、やはり異常に好きである。

保坂和志の文章で、天気が良い日の北鎌倉駅のホームでしばらく来ない電車を待っている時に、時間と一体になった感覚があった、みたいなことが書いてあった気がする。それや、やはり保坂和志の本で、満開の桜の花びらが風が吹いてさーっと散っていく様子がまるで時間を可視化したようだった、みたいなことも書いてあった気がする。どっちも一言一句覚えてるわけじゃ全然ないけど、読んだ時の気持ちがずっと残っているぐらい好きだ。

そんな時間マニアなので、どこかでだらーっと時間の流れを見ているみたいなのも好きだし、田舎の売店で、20年前ぐらいのジュースの広告のポスターがずっと貼られて退色しているのを見るのも好きだ。どんな軽薄な広告でも景色でも時間が何十年か積もったら好きになる。だから、10代ぐらいのとき「だっせぇ!嫌い!」と思っていた音楽とか絵とかでも、今みたら長い時間が積もってるからもう愛しくて仕方ないのだ。

たまに逆の、時間の感覚を忘れて楽しみたい!みたいな時もないわけじゃなく、クラブみたいな場所で、外出たら朝になってたみたいな面白さもあるしそれもわかるのだが、やっぱり、屋外で音楽を聞いたりするのが最高なのは時間の流れがそばにあることが実感できるからだろう。

なぜそれが好きなのかっていうとわからないんだけど。

昼、かなり前から吉野家の牛丼食べたいという気持ちがじわじわ盛り上がってきて、今日だ!と思って食べた。美味しかった。

そのままシカクへ出勤し、21時まで仕事。最後の方に体操さんがお店にやってきて、JOJO広重の占い良いっすよ!という話など聞く。自分も今後どうすればいいのか占ってもらいたい。

昼間ちょうどいい気候だったのに夜はTシャツじゃ肌寒い。鳥肌立ちながら帰りにコンビニ前で発泡酒を飲む。

今日はメールの返事ぐらいしかする仕事がない。

# by chi-midoro | 2016-06-02 22:08 | 脱力

ブラックニッカ日々 2016-6-1

昨日眠りすぎたせいか今日は早く起きた。

目が覚めた瞬間からスパゲティが無性に食べたくて、作ってズルズル食べる。
あまり思い出せない。何かテレビを見ながら横になっていた。

昼、原稿を書く。予想外に早く終わってホッとした。

少し外に出ようと思い本棚でパッと目に入った水木しげる「ほんまにオレはアホやろか」を持っていく。
読んだことありそうだと思ったけど読んだことなかった。
ラバウルの決死の逃走から南方の人々との交流に至るまでのあたりが神がかり過ぎて痺れた。
夢中で読んでたら通りがかった知らない子どもが「みず…き…しげる。みずきしげるの本や」とつぶやいて去っていった。

夜、ふと、ちゃんとしたラーメンが食べたくなり天満に出て食べる。

「凛」の720mlボトルが空になり、同じのを買いに行く。

軽い量の原稿を書いて、色んなところに取材の依頼メールを出しまくる。

ここ最近、YOUTUBEにあがってる「人志松本のゆるせない話」を延々みていた。
ジャンジャンジャーンみたいな小気味良いリズムで笑えて何も考えないで済む感じだ。
で、やっぱり松本人志とか、面白いお笑い芸人たちは、パッとある状況が現れた時にそれを
瞬時に3D映像みたいにして、色んな方向から見たり、遠い視点に立ったりすごく近い視点で凝視したりみたいなのを
すごい速さでやって、一番面白い視点をはじき出してツッコんだりボケにつなげたりするんだろう、
そんでその感覚は普通の人にはぼんやりとしかイメージできないものなんだろう。
すげーなと思って、そう思いつつ、こういうお笑い的な操作
「逆方向から見る」「あえて極端な解決策を出してみる」「あれとこれを置き換えてみる」みたいな操作を
お笑いの才能たちが政治とかするようになってバンバンやり出したら多分怖い感じになるんだろう、
だから最近松本人志がワイドショーで言ったことが批判されたりするんだろうと思った。
世の中の一番難しい部類の問題は、「逆に」したり、なんか痛快な意見で一刀両断したりできるもんじゃなくて、
汗だくで綱引きしながら長い時間かけてやっていかなきゃいけない苦しいもので…
と言いつつ、ほとんどの時間はそんなこと思わないで笑って見ていた。

あぁ、軽妙なトークできるようになりたいな。

# by chi-midoro | 2016-06-02 01:02 | 脱力

ブラックニッカ日々 2016-5-31

12時間ぐらい寝てた気がする。

起きて袋めん茹でて食べる。
西川きよしの出てるテレビを、なんの感情も持たずに、自分がただのレンズとなったような気分で見ながら食べた。

用事を済ませて出かける。

西天満に5月にできた高円寺・光の新店、「The 光」。
ちょうどトウコさんがいてお話しする。小田島さんの版画展もやっていて、京都の誠光社にも見に行ったが、また見ることができた。「愛」のキーホルダー買う。
結構広いスペースで、週末にはイベントもあるというので行けたら行きたい。
ちょうどいた内鳴さんにおすすめの居酒屋など聞く。
またみんなで飲みに行きましょうと話す。

その足で谷六の「スタンドそのだ」へ。
オープン当初からツイッターでもその名をじわじわ見かけ、名店との噂を聞いていた。
バイス2杯とベーコンとトマト一夜漬け食べる。
どれも一ひねりしてあって美味い。
お店の居心地や佇まいもよくて、大衆酒場の良さを知ってそれをちゃんと研究した若い方が作った次の世代の大衆酒場という感じがする。このお店がまた20年後、30年後とかに良い古び方をして、壁もカウンターも空気さえもどこからどこまですべて味わい、みたいな状態になるんだろうな。と思った。酒場の未来を感じました。

「3杯まで」と書いてあったバイスはキンミヤのシャリシャリのやつで、帰り道になってだいぶ酔った。

家に戻り白菜ともやしを食べてまた眠る。今日いったい何時間寝てるんだ。

ずいぶん昔に甲状腺がおかしくなったのがついにぶり返して、とにかく絶えずだるいのだが、食べても食べても太らないのが唯一良い。うちの母親の友達でやはり甲状腺がダメな人がいて、その人が「太らないでいるためにあえて治さない」みたいなこと言っててすげーと思った。ダイエットの一種みたいな。

それにしても暑いのが辛くて仕方ない。寝てる間に服を脱いで朝気が付くと全裸になっていることも多い。

夜、書き仕事する。

明日から6月か、厳しいな…
# by chi-midoro | 2016-06-01 00:21 | 脱力