Chimmy and the Spank drox!!

6月6日のイベントに向け、spank!のみんなとスタジオで練習してきた。
f0159328_12145079.jpg


いつもそうだけど、スタジオで何にも気にせず色々実験したりしている時がホント楽しい。
今回もそんな感じで予想以上にカッコイイ瞬間があったような気がして楽しかった。

2時間で一人700円ぐらい。安い!し、カラオケ行くより楽しい!
焼酎飲みながら至福の時を過ごしていました。

数日前にスタジオ予約しようと思って電話した際に、
「お名前をフルネームでお願いいたします」
と言われ
「スズキナオです」
と答えると
「鈴木ナオトさんですね」
と返され、まあ良くあることなのだが、
「いや、ナオ だけなんです」
と言うと当然
「鈴木ナオタケさんですね」
という流れに。
「いや、ナオタケじゃなくって、ナオ までで終わりで」
スッキリしないので一応言っておくと
「はい、かしこまりました」
と言うのだったが、
昨日スタジオに行って受付で
「予約していた鈴木です」
と名乗ると
「はい、21時から2時間で予約の鈴木ナオタケさんですね!お部屋はあちらの~」
と、もう、どうでもいい。

電話での「いや、ナオタケじゃなくって」とかのやり取りに費やした時間、まあ数十秒ぐらいのものだろうけども、そういう時間を一生分あつめてDVDにしたい。

あとスタジオ前に一人で食べた馬場二郎うまかった!でも要町フジマルの方が好みだ!フジマル行きたい!
f0159328_12372880.jpg

[PR]
# by chi-midoro | 2008-04-23 12:38 | ライブ

現代商業美術全集

f0159328_1543413.jpg
『現代商業美術全集』全24巻のうち、10冊ほどを購入。戦前の本が、時を隔てて手元にあるというのが妙な感じで嬉しい。背表紙はボロボロだが、中のカラーページは今も鮮やか。

昭和3~5年ごろのの先進商業美術をジャンルごとに紹介した本で、昭和モダンデザインをこれでもかと満喫できるシリーズなのである。
f0159328_154462.jpg

そもそもこの本の存在を知ったのは、暇で仕方なくて、池袋ジュンク堂で延々立ち読みをしていた時のことだった。やっぱ本屋で立ち読みすると楽しい発見があるもんだ。だけどジュンク堂に置いてあるのは「ゆまに書房」という出版社が2001年になって復刻した版で、一冊なんと7800円もするのだ!×24!?

なので到底買えないなと諦めていたのだが、古本が安く手に入った。

戦前のデザインだの絵だの見ていていつも感じるのは、明治から昭和のはじめにかけての文化の方が洗練されていて、それが大戦後になるとむしろ一気に垢抜けないものに戻ってるという感じ。やはり破壊されてしまうんだろうか。戦争してる暇は、もったいない。
[PR]
# by chi-midoro | 2008-04-22 01:43 | 物欲

2008年3月~今日

f0159328_23265393.jpg
f0159328_23272917.jpg
f0159328_23291210.jpg
f0159328_23292810.jpg
f0159328_23295494.jpg
f0159328_23305187.jpg
f0159328_23311893.jpg
f0159328_23315549.jpg
f0159328_23322517.jpg
f0159328_2333662.jpg
f0159328_23333158.jpg
f0159328_23335419.jpg

[PR]
# by chi-midoro | 2008-04-20 23:34 | 写真

2008年1月~3月

f0159328_21552651.jpg
f0159328_21554516.jpg
f0159328_21561687.jpg
f0159328_21563224.jpg
f0159328_21565170.jpg
f0159328_21571257.jpg
f0159328_21575163.jpg
f0159328_21581013.jpg
f0159328_21585446.jpg
f0159328_2159122.jpg
f0159328_2201010.jpg
f0159328_2202519.jpg
f0159328_2204828.jpg

[PR]
# by chi-midoro | 2008-04-20 22:02 | 写真

チミドロのプロフィール

「チミドロ」の概要:

東京は中央区出身の幼なじみ、スズキナオ(music)、ミヤマ(vo.)、クスモト(rap)によるテクノラップユニット。 小中学時分より、ファミコンという共通項を介して親睦を深めた3人は、自転車暴走集団「チミドロ」として更なる団結心を培ってきた。高校時代に祖父より譲り受けたプレーヤーで針を落としたUnderground Resistanceのレコードにすっかり感化されたスズキナオを中心に、自転車暴走集団は、98年、テクノラップユニットへと止揚。 都内を中心に精力的なライブ活動を展開中。

以上は、所属レーベルのオーナーSoccerboy氏による、結構昔のプロフィール文なのですが、ここからさらにメンバーが四人増えまして、現在7人体制でやっております!


メンバー(50音順)


イチノミヤ(Bass)
f0159328_0444241.jpg

千葉県在住。イッチーの愛称で親しまれる。3人体制だったチミドロと彼のバンドが対バンした際、リハーサルで演奏していたベースがかっこよかったのでその日、いきなり加入してもらった。海と酒が大好きな一番バンドマンっぽい男。



クスモト(MC)
f0159328_04873.jpg

長身MC。アクションゲーム「ファイナルファイト」のマイク・ハガーのマネが中学生の頃から大好き。ディズニーランドを愛するあまり、建設にたずさわったこともある。IT知識が豊富で「チミドロ公式サイト」を自作していた(突如閉鎖したまま)。


ジュンヤ(ドラム)
f0159328_343551.jpg

「Vシネマ」「Vシネさん」と呼ばれていたこともあるほどVシネマの役者みたいな雰囲気を持ったパワードラマー。酔った時に「寂しい気持ち」になるタイプで、目が覚めたら一人ぼっちだった悲しさから壁をパンチして骨折したこともある。


スズキ(詩と曲)
f0159328_053547.jpg

主に裏側担当。昔は飲み食いとか、ホントどうでもいいと思っていたのに、いつの間にか酒とラーメンが好きになっていた。高校の頃に買ったシンセとサンプラーで曲を作っているが、最近、フロッピーディスクが手に入りにくいのでパソコンで曲作りしたいと思っている。


トミータ(キーボード)
f0159328_057434.jpg

ライブ時には髪を逆立て、ドラゴンボールのスカウターを装着して演奏するが、なぜそうするのか誰も確かめたことがない。知人の主催したバーベキューで出会って話しかけたところ、その日の夜ヒマだというのでチミドロのスタジオ練習にきてもらって、いつしか加入。



ハナイ(MC)
f0159328_0594636.jpg

スズキの会社の元同僚。でかい声と豊富な経験を持つ。チミドロの和を取り持つオジキ的な存在だが、たまにふらっとどこかへ行ってしまう。チミドロDJsとしても活動中。



ミヤマッチ(MC)
f0159328_13049.jpg

いい声のMC。チミドロの中では最も早く、スナック、ゴルフなどの大人の世界に精通している男。料理好きで、チミドロメンバーはよく彼の家に集まっては酒盛りをしている。悪酔いした時は手がつけられない。




以前製作してもらったPVを貼ります。


ただの錯覚(2011)



TOKYO特許許可局(2008)



どこでもライブいたしますのでお気軽にお誘いください!
お問い合わせはこちらまで

↓↓↓
chimidoro5@gmail.com
[PR]
# by chi-midoro | 2001-12-31 01:11 | 音楽