ブラックニッカ日々 2018-11-05

午前中起き出し、録画してあったテレビ見ながら仕事。
水曜に和歌山に取材に行く用事があり、そこにもう一軒、酒場取材も入れられないかと店を探して電話。
「まあ、いいですけど…」みたいな感じで一応受けてもらえてホッとする。

昼前に家を出て西九条駅高架下の500円ランチの店で唐揚げ定食を食べてシカク出勤。

さて、仕事だ仕事!というところで上の妹からLINEが来ていて、母の検査結果が出たとのこと、見たくないような気がしたけど思い切って読んでみると、やはり乳がんで、ただ早期ではあるので、3か月ぐらい抗がん剤で細胞が小さくできるか様子を見つつ、その上で手術する、ということになるらしい。クラッとするが、早期であれば、比較的支障なく取り去ることもできるらしい。って言っても「早期」の中にも段階があるし、妹によれば割と進行が速くパワーが強いタイプのがん細胞らしいので、どうなるんだろうか。パッと検索してみて、「10年後生存率何%」みたいなのが出てきて、よく聞く言葉だけど、身近に感じてみると、なんか不思議な数字である。俺の10年後生存率はどれぐらいなんだろうか。ただ、とにかく一番一般的に言われていることでは、乳がん(に限らずか)はどれだけ早く見つけられるかで全然違うようで、早ければ乳房を傷つけたりせずにやっつけられる場合も多く、そんなタイプであれば、10年でも何年でも暮らせるらしい。その言葉に今はすがるしかないような。実際どうなのか、母は自分に似てネガティブ思考で精神的に弱いところがあるので、くじけちゃって治るものも治らないみたいなことにならないか心配である。

とにかく妹たち二人が数日後の検査も付き添ったりしてくれるようでありがたい。

先日母が「がんの疑いが」と言うのを聞いて以来、世界に1枚灰色のフィルターがかかったような、そしてもうそれは、「がんじゃなかったわ!よかった!」ってならない限り一生消えないみたいな気がして、夢にも何度も「なーんだ、なんでもなかったんだね」と喜ぶ場面が出てきたり、逆の不安な場面が出てきたり、とにかく気が晴れなかったが、やっぱりそう簡単にはいかず、後はこのグレーな気持ちの世界で生きて行くのかと思うと悲しいような気がするが、でも、考えたら、誰しも歳をとり、特に山形に親戚の多い自分なんかは、これからそういうみんなの老いや死を見て生きていくことがどんどん増えていくんだろうから、グレーでない、晴れた世界を生きていられる時間の方がそもそも少なくて貴重で、いや、もっと考えたら、高校の頃だって憂鬱だったし、気が晴れたことなんかあっただろうか。

母には力強く乗り越えて欲しいが、一方で自分はこんな憂鬱が次から次にやってくるばかりで楽しみはほんの少ししかないような世界で生きていたくないと思えてくる。

とりあえず目の前の仕事。新商品の登録作業や、発送作業や、トイレの床にシートを貼る作業などをする。
キクザキさんが来て、北海道のジャガイモをくれる。キクザキさんの奥さんが恵庭の方らしく、そのおすそ分け。ありがたい。

あっという間に閉店時間となる。
千鳥橋駅前のスーパーで酒を買い、みゆきさんと原っぱで少し飲む。
今日は割と暖かい。

帰り道、母にLINEする。
「案外落ち着いてる」と言う。確かに自分が20代ぐらい時に病気した時も、自分自身は割と冷静で「もうどうなって行くかをじっと見ていよう」としか思わないような感じだった。

「頑張って生きようっていう目標が自分には特に無いからなー」と、俺が言いそうなことを言う。まあその気持ちはわかるのだが、よく考えると俺は山形の祖父母が割と長生きしてくれたおかげで、祖父母の記憶があり、しゃべったりすることができて、それを覚えていることもできて、そうやって、存在していてくれたことが、それが祖父母が自分にとって直接的に何かしてくれる存在だとかじゃなくても、自分の中に何かとして残っていて、それはまあ自分が祖父母とそんなに嫌な関係性になかったから言えることかもしれない、ある人は、「あんな爺さん早く死んでほしかったよ!」と思っているかもしれないけど、やはりそれでも、その人がいたということは何かの影響を与えることで、つまり、いてくれることはやっぱりそれだけで大きいことなのだ。一日でも長くいて欲しいのだ。祖母が長くいてくれたおかげでたくさん俺にも思い出が残っているように、長くいればいるほどそれはみんなにとって嬉しいことだからとにかく気楽に頑張ろう、と伝える。

帰宅後仕事したいと思っていたが、酒飲んでダラダラしてしまって何も進まず。

[PR]
# by chi-midoro | 2018-11-07 00:25 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-11-04

午前中に起床。
本読んでまた寝てぼーっと過ごす。

昼は釧路の「河むら」ラーメン。
おでんに使った大根に立派な葉っぱがついていて、それを細かく刻んでごま油で炒め、そこにショウガと一味唐辛子をたくさん投入しさらに炒め、豚骨ラーメンの店に置いてある高菜みたいなのを作ってみた。それが案外うまくいき、ラーメンにちょこちょこ入れて食べてみると旨い。今度またやろう。

部屋に甥っ子三人も遊びにきて計5人のボーイズとなる。
外で遊びたいというので、大川沿いの公園へ。
最近、近所の公園でボール遊びしていたら、通りかかった人に「ここはボール遊び禁止だよ」と言われて、
ボールを使って遊べなくなって(というか前から実はダメだったんだが)それでストレスがたまっているらしい。
川沿いの空き地ならいいだろうと思い、砂地に木の棒でドッジボール用のコートをみんなで描いて、さあ始めようと思ったら、人が近づいてきて「すみませんー!そこ、今からダックツアーの車来ますんでー!」と言う。川を遊覧するボートにもなり、普通の道路も走れる水陸両用車の「ダックツアー」というのがあって、この辺を走っているのだが、それの一時駐車スペースだったのだ。

線を引いて作ったドッジボールコートに川から巨大な車が上がってきて、滴る水で一気に線を消し去ったのが、なんか悲し過ぎて笑えた。まあそれはそれで、「すげー!でけー!」などと騒ぎ、車が走り去った後にまた線を引いてボールを投げ合う。

少し疲れたところで、みんなで白玉温泉に行くことにする。金は少しおろしたのがある。
京橋へと向かい、スーパーでお菓子100円ずつ買って白玉温泉へ。
5人ボーイズなので、もうずっとは見てられず、プールの方で遊んでいるのをたまに見ながら露天風呂入ったり、水風呂に足だけ入れてみたりして時間を潰す。小1時間ほどしてあがり、ボーイズにはアイスとさっき買った菓子、自分は自販機で発泡酒を買おうと思ったら500円入れてもなぜかボタンが点灯せず、仕方なく氷結のボタンを押す。で、ガタンと氷結が下に落ちたら、発泡酒のボタンが点灯して、え、じゃあ買うわと思って発泡酒も買う。で、結局立て続けに2缶飲む。
ボーイズも優雅に菓子を食べ、「楽しい。最高の一日だ」などと言い合っていたのでまあよかった。

遅くならないうちにと帰路につき、17時帰宅。
王将で餃子でも食べるかと再び外に出て行ってみるもかなり並んでいたので、近くの「日出屋」っていう、昔一回だけ入ったことがあったような気がするラーメン屋で餃子とラーメンとチャーハン食べる。まあまあ旨い。

しばらくゴロゴロして21時頃就寝。
なんとか起き出して夜中まで仕事少々。

[PR]
# by chi-midoro | 2018-11-06 23:56 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-11-03

昼前に起床。
昼ご飯におでんの残り。
ボーイズは「もうおでんいらない」というので、冷蔵庫の中にあった生麺を投入し、おでんラーメンを作る。
なんか別に食べなくても困らないような味だったが食べる。

昼から仕事。
疲れたらスプラトゥーン。
やめられん。

夕飯は今日も鍋。カレー鍋にする。

寒くなって布団を厚めのやつに替えたら、眠りから抜け出せなくなって、しかも「よく寝たー!」みたいな快適な感じじゃなくて、疲れて起きるような、そんな感じだ。布団が安物だからなのか。

[PR]
# by chi-midoro | 2018-11-06 23:40 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-11-02

午前中起床。
仕事しなきゃいけないのだがやる気起きず。
スプラトゥーンして過ごす。
全然勝てない。
自分が下手なのは分かっているが、それにしてもみんな、他人をぶっ倒したくてウズウズしているようなやつら陰険なやつらばかりに見えてくる。殺伐とした世界。
イライラしてやめる。

昼は昨日買った「河むら」のラーメンを食べる。
あっさりしつつ奥行きのある醤油の味わい。麺も好きなやつ。旨い。まだ釧路にいるような気分になれて嬉しい。

昼過ぎからようやく仕事し始める。
ボーイが遠足で掘り起こして来たという大根が一本家にあり、
それでおでんを作ることに。
スーパーで食材を買い、時間をかけて煮込む。

で、夕飯はそのおでん。
まだまだ大根に味が染み込み足りてないけどそれでもうまい。
釧路で買った昆布も使った。

作りながら味見をしまくったし、夕飯のあとも、冷めた鍋の中のおでんをちょっと一かじりして、
お、味が染みてきた、みたいにちょこちょこ食べて、結局一人でどんどん食べてしまう。

一旦眠ってまた起きて夜中に仕事少し片付く。

[PR]
# by chi-midoro | 2018-11-06 23:34 | 脱力

ブラックニッカ日々 2018-11-01

8時過ぎに宿を出て和商市場へ。
今回、絶対食べたいと思っていた「河むら」というラーメン店が、調べてみたら11時オープンで、それだと帰りの飛行機に全然間に合わないことが昨日わかった。そりゃそうなのだが、なぜか朝から開いていると勘違いしていた。落胆。
それで、朝ごはんは和商市場で食べることにして市場へ。
昨日食べた「魚一」は朝から開いているので、もう一回そこで食べて行こうかなと思ったが、こっちの和商市場の中にもいくつかラーメンを出す店があって、もうそこら辺でいいか、とだんだん妥協してきて、みゆきさんは勝手丼じゃなく、お店で作って売っている600いくらの海鮮丼を買ってそこら辺のテーブルで食べることにするというのでその海鮮丼を売っている店で出している450円の醤油ラーメンを食べることにする。

で、出てきたラーメンは、海の家系ラーメンというか、それはそれでなんかインスタントで美味しいようなチープな旨み、化調頼みの味わいで、これはこれだな、と思うものだったのだが、後でみたらもう3軒ぐらいとなりに「ラーメン邦紀」っていう店があって、絶対そっちの方こだわったスープで旨そうだったのでまた落胆。まあ、いい思い出である。丹頂市場で30円の釧路豆腐と、120円のでかいシイタケを買う。

市場で昆布買おうと思って380円と書いてあったので安いやと思ったら、1080円で、自分の見間違いだったみたいなのだが、美味しい昆布だというので、まあいいかと買う。空港行きのバスまで時間がまだあったので、昨日の鉄北センターの方にあったスーパーマーケットに行ってみる。というか「鉄北センター」って国鉄の北側だからか、と今気が付く。

スーパーは小さいながら地元の人で賑わっていて、みんなこっちか!と思う。魚も野菜も安い。地下道の入口付近に昨日は開いてなかった古道具屋が突然のように開店していて、猟師が着てそうな毛皮とか売っていて、値段はどれもわからなかったが、面白そうな店で、ゆっくり見てみたかったが時間が無くなり、慌てて駅前のバス停へ。

バスに乗って1時間ぐらいで釧路空港。空港で、今日行けなかった「河むら」のラーメンのレトルトが売ってるのを買って、それで帰りの電車賃がギリギリ残るだけとなる。

それにしても北海道のコンビニでいつも不思議なのは甲類焼酎の品ぞろえの良さである。大阪や東京だと、タカラの25度と20度、コンビニオリジナルブランドの25度と20度がそれぞれあるぐらいだが、こっちでは、そこに合同酒精の20度、大自然っていうタカラの北海道限定ブランド、あと、セコマなら長次郎っていう自社焼酎、など、なんかやけに色々あるのである。甲類焼酎好きとしてはうらやましい。なぜなのか今度調べたい。みんな寒い季節とかにそのまま飲むのかな。だとしたら最高に共感できる。

帰りの飛行機ではずっと寝て過ごす。途中でみゆきさんが具合を悪くして驚いたが、後ろの方の空席で横にならせてもらっていたら元気になったそうだ。貧血らしかった。

あっという間に関西空港に着き、そのまますぐ電車に乗って帰路につく。今日は移動しただけみたいなものだが、疲れた。家に帰り、釧路で買った豆腐とシイタケを入れて鍋。豆腐旨い。

植田正治が撮った「霧の旅」という、北海道の写真の中の釧路の風景がめちゃくちゃ寂しげで好きで、それを見返す。これはどこだろうか。「〇時食堂」という看板の文字が見える。だだっ広い、何もない場所に店が数軒並んでいる。

釧路、なんか面白かったな。

一旦寝てまた起きようかと思っていたがそのまま朝まで寝てしまう。

[PR]
# by chi-midoro | 2018-11-06 23:11 | 脱力