ブラックニッカ日々 2019-02-22

今日から台湾。
シカクが「ZINEDAY TAIWAN」に出展するのの手伝いとしていくので、スーツケース2個にいっぱい本を詰めたそのスーツケースを運ぶ必要がある。
朝早く西九条へ向かい、コンビニで肉まん買って食べながらシカクへ向かう。
みゆきさんと店の前で合流し、すでに荷物の詰めが終わっているスーツケースをガラガラ引きつつ駅へ引き返す。
関空行きの電車に乗ってウトウトしながら空港へ。

第1ターミナルについて、みゆきさんは事前に予約していたというモバイルWi-Fiを受け取る。
自分は何も準備していなかったが、当日申し込みでも借りられるらしいのでカウンターに行ってみる。
3泊4日、4日間レンタルすると2800円。ちょっと出費な気がしたが、なんか向こうで困ったら嫌だなと思って借りる。

空港の本屋で台湾のガイド本を立ち読みしたりして時間を潰し、搭乗時間が近づいて荷物検査を受ける。
国際線では液体の持ち込みが制限されるので、肌身離さず持っていたいカップ焼酎も捨てていかねばならない。
朝買ったから中身がまだたっぷりあったが、できるだけ飲んで捨てる。さらば。

飛行機は14時過ぎに離陸し、向こうに17時過ぎに着く。
朝の肉まんしか食べてないぜ結局、と思ったが、機内食が出てきた。
豚肉生姜焼きセット。酒もタダ。ワインもらう。

席のモニターでテトリスができたのでそれをやってダラダラしていたら着いた。
日本との時差は1時間。
台湾の方が一時間早い。なんか得した気分だ。

空港で持ってきたお金を両替し、台湾ドルに。
1元がだいたい4円と教わる。100元が400円。

緊張しつつも割とスムーズに入国審査が終わり、スーツケースを受け取って空港から台北までの特急電車に乗る。
「Easyカード」っていうICカードを買っておくと乗り降りがスムーズですよ、と、今回が台湾4回目だというみゆきさんに教わり、それを買うって乗る。
45分ぐらいで台北につく。
窓の外の景色が水田っぽい田舎の風景から徐々に高層ビル街に。

台北駅で一度降り、面白いという地下街を少し歩く。
ゲームやアニメの店が多く、ニンテンドースイッチのソフトの広告がでかでかある。
ガチャガチャのマシンも商品も日本のものだ。

けど、唐突にルーローハンとか汁そばを売る店があったり、マッサージ屋があったりして、そのマッサージ屋さんがオープンエアというか、通路にみんなはみ出して施術を受けていて、そこが日本とは違う感じ。

しばし歩いて、地下鉄に戻り、宿がある龍山寺駅まで行く。
外に出ると雨。結構降っている。
龍山寺あたりは下町で、夜は一人歩来はしない方がいいみたいに書いているガイドブックもあった。
地上に出るとすぐ公園があり、そこで将棋みたいなボードゲームをしているおっちゃんがたくさんいて、ギャラリーが取り囲んでいる。寝ている人もいる。

まずは宿である「龍山ホテル」に荷物を置きに行く。
カウンターの人は日本語でしゃべってくれる。
自分の部屋は窓の前がすぐお寺のお堂で、なんとすごい場所、と思う。
トイレは洋式だが、紙は流さず、ボックスに入れる式。
なんかためらいがある。

でもその他は至って快適そうで、シャワーもあり、タオルやひげそりも置いてある。

荷物を置いて外へ。
まずは龍山寺でお参り。
雨で夜だが、たくさんの人がいて、熱心にお経を唱えている人もいる。
なんかのかけらみたいなのを投げて、それがどうかなるといいみたいな占いをしている人が大勢いる。

ギラギラビカビカな装飾が日本にはない感じだ。

雨が強いのでコンビニへ行く。
ファミリーマートやセブンイレブンがあちこちにある。
日本円で100円ちょっとのビニール傘を買い。台湾ビールを買う。ビールは100円ちょっとで買える。
お寺を通り過ぎたあたりに夜市があり、その中の一件が「排骨麺」みたいなメニューを出していたので、そこで食事することに。
おばあさんがやっていて、孫が日本に住んでいるとかで日本語で話してくれる。
「昨日まであったかかった。でも今日から急に寒い」と言う。
ヒートテックの上にトレーナーをきて、シャカシャカしたジャンパーを羽織っている自分だったが、ちょうどいいぐらいだ。
「排骨麺」旨い。八角の効いた台湾らしい(っていう自分なりのイメージの)味。
200円しないぐらいだったかと思う。

その店の脇に草ばっかり売ってる一角がある。薬草街と、ガイドブックで見たあれだろうか。
そこで「苦茶」みたいに書いて売っている屋台があったので仙草茶を買ってみる。
後味がかなり苦くて旨い。酒疲れがふっとびそうだ。

靴屋をみたり写真撮ったりしつつ、別の夜市へ。
至るところに市があり、まるで縁日のようだ。

日本のエロDVDを3枚100円ぐらいで売ってる屋台もある。
テトリスばっかりのゲーセンがあり、複数のギャラリーがプレイヤーを眺めている。

30分200元で全身マッサージをしてくれると書いてある店があって、他の店と比べても破格に安い。
行ってみましょう、と入る。
マッサージをしてくれるおばさん同士が台湾の言葉で何かをずーっと切れ目なくしゃべっているのを聞きながら、マッサージを受ける。
うつぶせになって、顔だけぽっかり穴が開いているみたいな台の上。

自分はたぶん肩と首辺りがいつも凝っている気がするのだが、
肘を使って全体重でその凝りを粉砕するかのようにグイグイやってくる。
笑うほど痛い。まじで同じところをもう少しやられたら、ちょっと無理だなぐらいの痛さ。
平然と会話しながらグイグイしてくる。笑いをこらえながら、とにかく耐える。

なんとか時間が来たようで解放され、お金を払って外に出る。
みゆきさんが「いや、最高でした天国でしたね」と言うので「え!死ぬほど痛かったです!」と驚くと、みゆきさんの方はソフトタッチでずっと心地よかったという。その差なに!

青あざになってんじゃないかぐらいの痛みを抱えつつ、アーケードのある商店街の一角の居酒屋で火鍋とビール。
火鍋って辛いものかと思っていたけど、そういうことじゃなく、グツグツあたためながら食う鍋なのな。
ビール飲んでこれでもかと具の入った鍋を食べて二人で800円ぐらいだった記憶。
塩ベースの淡い味。
100円ちょっとの空芯菜炒めもうまかった。

商店街やら夜市やら、全部楽しい。
漢字ばかりの看板も、草ぼうぼうの雑居ビルもいい。
色々食べてみたいがもう満腹。

ドン・キホーテみたいな店だという24時間営業の「小北百貨」によって、
童謡のCDが5枚組になったのを買ったり、店の入口のドアにかけるようなプレートを買ったり、寝酒に台湾のウイスキーを買ったりして宿に戻る。
宿ではWi-Fiが使えて、いつも通りツイッターみたりする。
CSも映るテレビにはCNNみたいな国際ニュースから、中国、韓国、台湾、日本と色々な国の番組をやっている。
韓国の三人組の男性がキッチンカーでタイのあちこちで商売をするシリーズ番組をずっと流しているチャンネルがあって、その三人がなんとも仲良くて可愛らしく、言葉はあんまりわからないがずっと見てしまう。


# by chi-midoro | 2019-03-03 03:07 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-02-21

朝起きてすぐ仕事。
どう考えても終わりそうにないいくつもの仕事を今日中に終わらせないと死ぬ!そういう気持ち。

昼ご飯の袋麺は3分で食べ終わる。
吸い込む。

在宅でテレビ電話でやる取材みたいなのを1時間して、パリッコさんと原稿用の対談をして、それが終わったらまた別の、みたいな。これだけ切り取ったら忙しいやつみたいだが、愚かなだけ、すべて先延ばしにしてきたせいだ。

少しだけ目処が立ち、ふと思い立ってボーイズと鳥貴族に行ってみる。
すぐ腹いっぱいになった。
釜めし旨い。

帰ってきてまた原稿を書き、なんとかいくつか提出し終わる。
明日からの旅行の準備を適当に済ませて眠る。

# by chi-midoro | 2019-02-22 02:00 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-02-20

今日は在宅仕事デー。
パリッコさんと原稿用の対談をし、それが終わったら別のを書いて、昼ご飯さっと食べてツタヤにDVD返しに行って、と忙しい。

そういえばフェリーニの「8 1/2」を見たことを書き忘れていた。
「道」よりも「アマルコルド」に近い、断片的な、ストーリーを追おうとすると振り払われるような映画だったけど、なんか面白いような気がする。いきなり夢の中のような場面になって、それがどこでまた現実に戻るのかもわからない。
カメラを長回しするシーンが多かったように思う。例えば右から左にスーッとカメラが動いて、色んな人物が映り、それぞれ勝手なタイミングで主人公に話しかけ、会話が錯綜する。ほとんどの会話は始まりと終わりが定まらないままスラーっと終わっていき、また別の新しい誰かが話しかけてくる。頭の中が忙しい状態。
フェリーニの映画が分裂的だという意見を見たけど、そんな感じだ。わーっ!とおかしくなってしまった頭の中みたいでもある。思い出も現在も、理想も現実もごちゃ混ぜで、大枠では悲劇的な方向に進んでいく。女性たちがやけに魅力的だ。やけに胸が強調された、怪女的な雰囲気の女性が出てくるのはフェリーニの定番なのか。

夜は鍋。旨し。
とにかく急いで終わらせないとならない仕事がまだまだあって、追い込まれる。
酒飲んだら書けるかと思って飲むけどそうでもない。

# by chi-midoro | 2019-02-22 01:55 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-02-19

今日は14時から船戸という和歌山の駅近くのラーメン店で取材がある。
2時間ぐらいはかかるので早めに電車に乗る。
前に一度その店に行こうとしたが休みだったので悔しかったというみゆきさんも来てくれることになり、とにかくずっと電車に乗って行く。
前に和歌山のグリーンコーナーを取材しに来た田井ノ瀬という駅よりもさらに先だ。

約束の時間ぴったりぐらいに店につき、それから2時間ぐらい色々と話を聞く。
最後にラーメンを作ってもらって食べる。
お腹が空いていたのもあってかめちゃくちゃ旨い。痺れる旨さ。

そうしているうちに外は大雨となる。

ずぶ濡れになりながら引き返し、和歌山駅で飲んで帰るかとも思ったが雨で気持ちが折れてやめる。
井出商店のお土産ラーメンだけ買って帰る。

エドワードヤンの「台北ストーリー」をみる。
一つ一つのシーンがかっこよくて、静かで陰気で好きだ。
眠いっちゃ眠いんだけど、もうそれでいいんじゃないのと思う。
80年代の台北の雰囲気が少しこういう感じだったのかとわかる。
古い家屋に住みつつ、町は変に近代化して、
フジフィルムのネオン広告の前で男女が佇んでいるシーンが素晴らしすぎる。
やはりこの映画でも、肝心な言葉ほど伝わらないようになっていて、
誤解して誤解されて、男女がうまくいかない。

主人公の友達が日本のCMをビデオで見ているシーンがあって、それが軸でそう思ったのかもしれないけど。映画のもやがかったような画面とか、VHSの粗さが表現に取り込まれている感じなんかがVAPORWAVE的でもあるように思えた。そういう風に評価している人がいそうだ。
映画は暗い結末だったけど、金曜から台湾に行くのが楽しみになった。

# by chi-midoro | 2019-02-22 01:46 | 脱力

ブラックニッカ日々 2019-02-18

今日は午前中から千鳥温泉で取材があり、10時過ぎに家を出る。
依頼していた鏡広告ができあがってそれが取り付けられるのをずっと写真に撮る。
思ったより時間がかかり14時過ぎにようやく終わる。
今日はシカクで勤務予定だったので、コンビニでカップ麺買ってその場でお湯を入れ、そろそろと歩いてシカクへ。
ズルズルと麺をすすっていたら、VOIDの田中さんとフランクが店に入ってきて「ブーッ!」とラーメンをこぼしそうになった。
フランクはおとといから日本に来ており、東京にもいて、その時にミヤマッチとトミータが連絡をとって会おうとしていたらしいのだが、すれ違いで会えなくて、っていう話は聞いていたのだが、まさか大阪にいて、しかもシカクに来るとは。
聞けばPORTに泊まっているらしい。

CDを渡して記念写真撮って、今日はどうするの?と聞いてみたら特に予定はないという。
日本の古い映画のポスターを買いたいんだというので、検索してそれらしいお店を伝える。
仕事が終わったら飲まないかというので、ぜひと答え、しばし仕事に専念。
早起きしたので猛烈に眠い。

19時過ぎに店を出て西九条駅前の居酒屋「大黒」へ。
初めて入ったけど魚が美味しくて安くて良い店だった。
なんで今までこなかったんだろう。
それはさておき、店には先にフランクとサタポのバイナルマンさんが来ていた。
フランクがバイナルマンさんにも声をかけたようで、こうしてゆっくりしゃべるのは初めてなので緊張するけど嬉しい。
昨年亡くなったughさんの話をたくさん聞く。
ughさんはとにかく記録しておく人で、自分の音源はもちろん、例えばその音源を作る過程で3パターンぐらいのトラックができたとして、最終的にリリースしたのはAだとしてもBもCも取ってある。自分が誰かに送ったメールもプリントして保存してあり、それも実際に送ってない、下書き状態のバージョンも保存してあるほどだという。残されたサタポメンバーはその膨大な遺産を前に、嬉しくも途方に暮れている感じらしかった。
それを聞いてフランクが、フランクはパリの映画博物館のミュージアムショップで働いているそうなのだが、デジタル時代の監督のアーカイヴィングを後の研究者が分析することの難しさについて話していて、なるほど似てると思う。古い文豪だの歴史上の人物だったら、誰から誰に送った手紙、というのが紙で残って展示されたりするけど、これからの人はメールだろう。ツイッターのDMやLINEのやり取りが展示されることもある。というかそれは、死後掘り起こし得るものなんだろうか。
また、ughさんが、参加するコンピの企画者にトラックを送ったけど「ちょっと別のニュアンスでやって欲しい」と言われて、それから毎日新しいトラックを作って送り続けたという話。その意地っ張り具合。
フランクはSONOREのイベントの運営で大きな失敗をしてしまい、多額の借金を抱え、それを何年もかかって返すのにすごく大変だったという。みんなそれぞれの時間を生きている。

フランクの奥さんも途中で合流し、なんだか異色なメンツの楽しい夜となった。
西九条の駅の前でフランクが今日買ってきたという古い映画のポスターを広げて見せてくれた。1枚サービスしてくれたと言ってすごく嬉しそうだった。


# by chi-midoro | 2019-02-22 01:36 | 脱力